ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

秋田駅~秋田城跡歴史資料館前まで。
バスにゆられて2~30分。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

やって参りました「秋田城跡歴史資料館」。
秋田城関連のごちそうがテンコ盛りの歴史資料館です。

たくさんの資料、遺物が展示されていますが、
ウレシイことに館内の写真撮影OKなのです。そして、更に!
ガイドの方が付いてくれ、ひとつひとつ丁寧に説明してくれます♪
素晴らしい。。。


=== 案内板より ===
秋田城とは?
秋田城は奈良時代から平安時代にかけて東北地方の日本海側(出羽国)
に置かれた大規模な地方官庁で、政治・軍事・文化の中心地でした。
蝦夷の人々が暮らしていた東北各地に、
同じように造られた律令国家の地方官庁の遺蹟は
「城柵官衙遺跡」と呼ばれており、秋田城はその中で最も北に位置しています。

天平5年(733)に、秋田村高清水岡に移された当初は「出羽柵・でわのき」と呼ばれ、
天平宝字4年(760)ごろに、秋田城と呼ばれるようになりました。
奈良時代には出羽国の政治を行う「国府」が置かれ、
また津軽(青森)・渡嶋(北海道)のほか、大陸の渤海(ぼっかい)国(中国東北部)など
対北方交易・交流の拠点としても重要な役割を果たしていたと考えられています。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

平安時代に入り、元慶2年(878)の蝦夷の人々による元慶の乱を経て、
10世紀の中頃まで機能しました。
10世紀後半には古代城柵としての機能は失いますが、
歴史書には「秋田城」の名称や官職名としての「出羽城介」、「秋田城介」
が記されています。
また、鎌倉時代以降、「秋田城介」は北方を鎮護する役職名となり、
武門の名誉となっていきました。

昭和14年には遺跡の重要性が認められ、国の史跡に指定されています。
現在は約90ha(893733㎡)の範囲が指定された範囲となっています。
云々。。。


[秋田城跡歴史資料館。[秋田市]]の続きを読む
赤見城跡。[佐野市]

赤見城跡。[佐野市]

赤見城跡」です。
保育園のある場所が昔のお城の跡。
in 佐野市。


赤見城跡。[佐野市] 赤見城跡。[佐野市]

=== 佐野の城館跡より ===
赤見城(別名・町屋城)
赤見城跡は佐野市街地から5.2km程北西の赤見町町屋にあり、
本丸跡の南側は赤見城保育園となっている。


[赤見城跡。[佐野市]]の続きを読む
長良神社。[邑楽郡邑楽町]

邑楽郡邑楽町にある「長良神社」です。
狸塚(ムジナヅカ)エリアです。

「一ノ鳥居」、「二ノ鳥居」をくぐって、


長良神社。[邑楽郡邑楽町] 長良神社。[邑楽郡邑楽町]

「狛犬」クン。


長良神社。[邑楽郡邑楽町]

正面に「拝殿」です。


[長良神社。[邑楽郡邑楽町]]の続きを読む
長良神社。館林市下三林町

館林にある「長良神社」です。
下三林町です。


長良神社。館林市下三林町

「二ノ鳥居」。

この辺りには長良神社がたくさんあるようだけれど、
なんでだろ?
分社してどんどん増えていったのかな?


長良神社。館林市下三林町

「富士塚」。


長良神社。館林市下三林町

「拝殿」。


[長良神社。[館林市下三林町]]の続きを読む
古河公方公園。[古河市]

前回に続きまして古河総合公園です。
古民家のすぐ隣に建つ「古河公方館跡の碑」。


=== 案内板より ===
史跡 古河公方館趾
(説明)
ここは旧御所沼につきでた半島の中ごろで、古河公方
足利成氏以来別館のあった趾で、鴻巣御所とも呼ばれていました。
成氏が鎌倉から古河に走ったのは康正元年(1455年)で、2年後の
長禄元年(1457年)には下河辺氏の築城した古河城を修復して
ここにうつりました。


古河公方公園。[古河市]

それから後、古河公方成氏 政氏 高基 晴氏 義氏に至る
120余年の間古河は関東一円に重要な位置を占めていました。
ここにあった館も義氏の一人娘氏姫までありましたが、
古河公方の城趾が大正初期に渡良瀬川改修工事のため
大部分河敷となり、この鴻巣御所趾は往時をしのぶ史跡として
意義深いものがあります。
この碑の西と東には、当時の空ぼりと土塁をとどめています。
云々。。。


古河公方公園。[古河市]

昔の堀の跡。
今は通路になっています。

通路をはさんで、古河公方館跡の碑は右手にあります。
左に行くと。。。


古河公方公園。[古河市]

公方様の森です。
さらに先に進むと天神橋に至ります。


古河公方公園。[古河市]

そして御所沼。
この沼に囲まれるように、御所はありました。


[古河公方館跡~、徳源院跡と桃林。[茨城県古河市*古河総合公園]]の続きを読む