FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

塩野神社 上田市 7

軽く下調べをして参りました「塩野神社」。
いや~、迷いました(汗。。
カーナビ付いてないんです。。。

塩野神社 上田市 1

出迎えてくれたのは「ご神木」。
覆屋に囲まれたご神木は、
根と、少しの幹の部分を残すだけとなっています。
しかししかし、精霊が宿っているようなド迫力です。

塩野神社 上田市 2

木で出来た鳥居には、
「鹽野(しほの)神社」の額が掲げられていました。
塩野神社の古称なのでしょう。

塩野神社 上田市 3

鳥居をぬけて拝殿に行くまでに
太鼓橋の「神橋」を渡ります。
この時点ですでに
スゴイ、スゴイと、はしゃいでいる私なのですが。。。

塩野神社 上田市 8

どどぉーんっ、と。これだぁ!
二階建ての「拝殿」!
こんなの初めて観ました。「勅使殿」の
額が掲げられています。

塩野神社 上田市 4

拝殿と本殿はこんな感じです。。。

塩野神社 上田市 5

見事な彫刻に彩られた「本殿」。
カッコい良いね★

塩野神社 上田市 6

=== 案内板より ===
社伝によれば、塩野神社は塩野川の水源である
独鈷山(とっこざん)の鷲ヶ峰(わしがみね)に祭ったのが
始まりといわれる。
歴史的には、古代の公文書である
「三代実録」「延喜式」に記されている。

戦国時代には武田信玄や真田昌幸・信之らが信仰を寄せ、
それらの古文書や、60年に一度の「甲子祭」で舞われる
「前山三頭獅子」等、多くの文化財を伝えている。

拝殿は「勅使殿」ともいわれ、棟札により
建築は江戸中期の寛保3年(1743)
作者は上田市房山(ぼうやま)の名工・末野忠兵衛とわかる。

楼門形式の拝殿は、現在のところ県内では
諏訪大社と本件が確認されるのみで、
建築史上貴重な物件である。
云々。。。


特異な雰囲気。。。
独特の空気のある神社でした。
びっしりと苔むした「盤座・いわくら」もあります。
うむむ。
また来よう、塩野神社。。。


前山塩野神社
@長野県上田市前山

塩野神社
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する