FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

木曽三社神社(きそさんしゃじんじゃ)。

=== 案内板より ===
元暦元年(1184)、木曽義仲が滋賀県の粟津で源義経に討たれた後、
その遺臣であった今井・高梨・小野沢・串渕・諸田等が、
義仲が崇敬した信濃国(長野県)の延喜式内社である筑摩郡の三座
「岡田・沙田(いさごだ)・阿礼神社」を、この地に勧請して
創建したと伝えられるのが木曽三社神社です。
滝の宮・木曽明神とも称されています。

木曽三社神社 群馬県北橘村 1

一つ目の鳥居をくぐって。
「狛犬」君。
玉をくわえておりまする。。。

そして二つ目の鳥居をくぐると、
なんとその眼下に!

木曽三社神社 群馬県北橘村 4

おおーっ!お社があります。
ここ木曽三社神社は、とても珍しい?下りの参道なのです。
すり鉢状になっている境内の底に
神社があるのです!
富岡市の貫前神社(ぬきさき)もそうでした。

木曽三社神社 群馬県北橘村 7

「手水舎」で清め、

木曽三社神社 群馬県北橘村 8

「拝殿」です。
獅子をはじめ、いろいろな彫刻が施されていました。
鯉もありましたょ。木曽(長野)だからかな?

木曽三社神社 群馬県北橘村 6

拝殿の後方に「本殿」。

木曽三社神社 群馬県北橘村 2

境内には多くの末社や石碑がありました。

木曽三社神社 群馬県北橘村 3


===
その後は関東官領上杉氏や、白井城主長尾氏、
歴代の前橋城主の崇敬が厚く、

木曽三社神社 群馬県北橘村 5

神田(しんでん)の寄進や社殿の修復等が行われました。

木曽三社神社 群馬県北橘村 9

寛政元年(1789)に火災にあい、同6年(1794)に再建、
さらに明治20年代に大修復をしています。
云々。。。

木曽三社神社 群馬県北橘村 10

赤い屋根の境内社が2つ。。。
なんなのでしょうか?

木曽三社神社 群馬県北橘村 11

鯉の泳いでいた池。
ここの湧き水は「湧玉・わくだま」と呼ばれる
良質の水だそうです。

木曽三社神社 群馬県北橘村 12

下り参道からすり鉢状の境内。
中心に置かれた社殿とその前を流れる水路と池。
そんな風景は見事にデザインされて配置されています。

義経に討たれたと伝えられる木曽義仲。
残された家臣たちが無念を偲び建てた神社です。
感慨深い世界があります。
案内板に記された三座、
岡田、沙田(いさごだ)、阿礼神社にも行ってみたくなりました。。。


木曽三社神社
@群馬県渋川市北橘町下箱田1番地

木曽三社神社
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する