FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

360段もあるという伊香保温泉の石段街。
その一番下、上り始めの所にある「伊香保関所跡」。
江戸時代にあった関所を復元した建物です。

伊香保関所跡 1

=== 案内板より ===
関所の掟

一、関所を出る輩(やから)、笠、頭巾をとらせて通すべき事
一、乗物にて出入る輩、戸をひらかせて通すべき事
一、関より外に出る(いずる)女は、つぶさに証文
一、(手形)に引き合わせ通すべき事
一、付 乗物にて出る女は、番所の女を指出し相改む(あいあらたむ)べき事
一、手負(ておい)死人並(ならび)不審成もの(ふしんなるもの)、
一、証文なくして通すべからざる事
一、堂上の人々、諸大名の往来かねてより
一、其聞(そのきこえ)えあるにおいては沙汰に及ばず、
一、もし不審あるにおいては誰人によらず改むべき事

右の条々厳密に、可相守者也仍執達如件
(あいまもりべきものなり よってしったつくだんのごとし)
正徳元年五月 奉行

伊香保関所跡 2

===
「取調べ石」と「お辞儀石」
寛永8年(1631年)3代将軍家光のとき、三国裏往還の要地として、
この地に口留番所(関所)が設けられ、往来の人馬を取り締まった。
ここに並べた石は、当時の関所で使用したもので、
左右のやや高い石は「腰掛け石」と言われ、
関所役人が腰を掛けて取調べに当ったものであり、
中央の平らな石は「お辞儀石」といって、
旅人が関守の前で調べられるときに
平伏して手をついた石であるといわれている。

===
伊香保関所について
伊香保温泉から吾妻郡へ向かう出口に百姓関を設け、
地元から関守を選び、警固(けいご)に当で樵夫(きこり)、草かり、
農耕作人の外は一切関所手形がなければ通行ができませんでした。
これは伊香保温泉に出入りする湯治客が対象で、
江戸からの子宝の湯と喧伝されて婦人客が多かったので
「入鉄砲に出女」の詮議がきびしく取締られ
尼さん、少女、前髪立ちの若者まで不審の者を捕らえれば
ご褒美まで与える仕組みになっておりました。

伊香保関所跡 3

入館は無料でした。
館内には、当時の通行手形や武具などが展示してありましたョ。
史跡を訪ねることで、その地域の歴史が見えてきたりして
また楽しいものですね。


以前の記事はこちらから。
伊香保で遊ぶ その4うどんの名店  ★手打うどん 清水屋

伊香保関所跡
@群馬県渋川市伊香保町伊香保

伊香保関所跡
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する