FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

群馬の三山、「赤城」、「妙義」、と行きまして、
ついにやって参りました「榛名山」!
二ノ宮赤城神社はまだだけど。
妙義神社は通行止めで本殿観れなかったけど。。。
しかし、さぁさぁ、行ってみよー!

高崎市の榛名神社 2

=== 案内板より ===
当社は第31代用命天皇丙午元年(1300年余年前)の創祀で
延喜式内社である。
徳川時代の末期に至る迄
神仏習合の時代が続き、満行宮榛名寺などと称えて
上野寛永寺に属し、別当兼学頭が派遣されて一山を管理していたが
明治初年神仏分離の改革によって榛名神社として独立した。

御祭神
火山霊神・ほむすびのかみ(鎮火開運)
埴山毘売神・はにやまひめのかみ(五穀豊穣)

社殿は寛政4年の改築(170余年前)
御祭神は後に立っている御姿岩の洞窟中に祀られている。
神代舞(大々御神楽三十六座)は250年前から伝えられたもので
国の無形文化財に指定されている。

高崎市の榛名神社 3

どがんっ、と現れるのは「随神門」。
「太〃御神楽」と書かれた大きな額が掲げられています。

高崎市の榛名神社 4

すごく重厚感のある門です。
神仏習合の時代には、運慶作と云われる仁王像が置かれていたそうですが、
分離令により、その仁王像は焼かれてしまい、
(うむ~、勿体無い~。。。)
現在は随神像が祀られています。

高崎市の榛名神社 17

「禊橋(みそぎばし)」。
しばらくこの参道を歩って行きましょー。

高崎市の榛名神社 18

なんともスガスガシイ境内なのです。

高崎市の榛名神社 6

「狛犬」君。
三重塔前にいらっしゃいます。
コアラのような鼻と
んぐぅ~、とした口元だネ、君は。

高崎市の榛名神社 7

「三重塔」。
現在は「神宝殿」と呼ばれているらしいですが、
見たまんま、三重塔の方がわかりやすいですよね。
神社に残っている塔として群馬県内唯一のもの。
廃仏毀釈の時には、完工直後だったため、とか
五躯の神像が置かれていた、との理由で取り壊されなかった塔です。

高崎市の榛名神社 8

「手水舎」。
参拝する前にこの場所でお清めをします。

高崎市の榛名神社 9

「神幸殿・みゆきでん」。
手水舎から左に階段を上ってすぐにあります。
春の大祭のとき(5月8日~15日)には、榛名神社のご神体が
本殿からこちらの神幸殿に移されるみたいです。
この間は参拝できるとか。すごいっ★

高崎市の榛名神社 10

「矢立スギ」。
神幸殿の隣にあります、大きなスギ。
矢立というのは、かつての戦国武将たちが戦勝を祈願して
境内の木に矢を射立てる儀式のこと。
榛名神社の矢立スギは、あの武田信玄さんが矢を射立てた
と伝えられています。

高崎市の榛名神社 11

もうひとつ門をくぐり、振り返るように見上げると
階段の上に現れるのが「双龍門」。

高崎市の榛名神社 12

扉にいらっしゃったドラゴン君。

この双龍門にはいろいろな彫刻が施されています。
両サイドの壁面には「三国志」にちなんだ絵が彫られています。
総ケヤキ造りだそうですが、色合いのせいかな?
なんとなく金属的な印象を持ちますねー。
カッコいいな。

も一つ階段を上がり、いよいよ登場します!
見どころの多い榛名神社。
次回に続きますョ。。。


榛名神社
@群馬県高崎市榛名山町
榛名神社
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する