FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

大工さんが使う、いわゆるトンカチ、ハンマー。
木島工務店の専務、木島ヨシヒロさんはこれを「玄翁・gen-no」と呼んでいます。木島さんだけがこう呼んでいるのでは無くて、これ、玄翁というんです(うちのおじいちゃんもそう呼んでいました)。

木島さんの玄翁

そのイワレは玄翁和尚というお坊さん。
狐が化けた、那須にある殺生石(さっしょうせき。硫黄がブンブン出てる那須高原にありますよね・・)。この妖気を出していた大石を、持っていた金槌でやっつけたのが玄翁和尚。勇敢なお坊さんの名をとって「玄翁」と呼ぶようになったらしいデス。ほぉ~。

木島さんの玄翁には竜の彫りが入っています。
普通は反対側に虎。竜虎で対になるらしいのですが、木島さんのは片面、竜だけ。
使い勝手が良く、気に入っている玄翁だとか。

「ドラゴンハンマー」を使う男。。。
Yoshihiro Kijima by木島工務店。
貴方のハートを玄翁しちゃうぞ!恐るべし。

木島工務店
群馬県太田市高林南町260-2
電話/0276-38-1260
コメント
この記事へのコメント
すごい!!
モノには由来があるのですね!
トンカチは釘を打ち付けるだけなのに竜の彫り物が。。
江戸の火消しの人たちが着ていた半纏(はんてん)の裏地にも水の神の竜や波の模様が入っていますよ!
木魚にも魚と波が上手くデザインになってますよね!
日本人や東洋人は特に象形化が好きですからね。
すばしいです。
また、お邪魔します!
2006/08/20(日) 14:13 | URL | 太田のボサ好き #-[ 編集]
面白いですよね。
いろんなトコにいろんな発見があります。
2006/08/21(月) 15:43 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/76-8c5488d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック