FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

太田市 新田荘遺跡 反町館跡 1

館の周りをめぐらす大きな堀で
カモが日向ボッコをしてますねー。
驚いて飛び込む君もいます。
というわけで、やって参りました「反町館」跡。

太田市 新田荘遺跡 反町館跡 5

新田氏にゆかりあるお寺さんですネ。
「新田義貞公古城跡」とあります。

太田市 新田荘遺跡 反町館跡 6

今は反町薬師(照明寺)となっていて
たくさんの参拝者が来てました♪
意外に広い境内です。

太田市 新田荘遺跡 反町館跡 4

手水舎のドラゴンは二匹。
くるくると巻きついておりまする。。

太田市 新田荘遺跡 反町館跡 2

=== 案内板より ===
反町館跡は、江田館跡とともに、新田町における中世平城の代表的遺構であり、
大規模な塁濠が現存している。~中略~

新田氏は、四代政義から、政氏・基氏・朝氏の四世の間、
由良台源氏館に居住していたと云われ、
八代小太郎義貞の時、台源氏館が手狭になり、
又台地上にあるため外堀貯水の便が悪いため、
元徳年間(1329~1330年)現在の所(小字要害)へ移り住んだと言われている。
義貞・北国転戦の際、大館左馬介氏明が預り住み、新田義興も、一時隠世したと云われ、
戦国時代改修され、太田金山城の出城となり、由良氏の臣矢内時英が居城、
天正年間(1573~1591年)小田原北条勢は、太田金山城攻略に先立って
此処を奪いて本陣とした。
廃城は小田原北条氏滅亡により、由良氏、左遷の天正18年(1590年)である。
本丸跡にある妙光院瑠璃山照明寺は、以前は堀の外の元屋敷にあったが、
江戸時代中期の現在地へ移転したと言う。
寺伝によると、義貞の母は妙光院殿蓮法大禅尼と称し、
元亨2年(1322年)3月22日没の位牌が保存されているという。
なお、本尊は厄除薬師として有名で正月4日の大祭には、大勢の参詣人で賑わう。

なるほどー。すごいネ★

太田市 新田荘遺跡 反町館跡 3

本堂の前に三つならんだ鰐口(わにくち)。
ごぉ~ん、ごぉ~ん、てね。
鰐口って?
参詣客がこの前に下がっている綱で打ち鳴らして、
神仏に来意を告げるための大きな金属製の鳴具(鈴)。
金鼓(こんく)とも言うらしいです。

この辺りは新田氏ゆかりのお寺さんとかが
すごく多いんですねー。
日帰りプチ観光には良いのかも。。。うむ。

また来よう、反町館跡。。。

以前の記事はこちらから。
金山城の本丸跡。。。  太田市★新田神社


反町館跡(そりまちやかたあと)
@群馬県太田市新田反町町
反町館跡
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/733-2c2c849a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
城名:金山城、新田金山城 築城年:1469年 築城者:岩松家純 城区分:山城 所在地:〒373-0027 群馬県太田市金山町40-98 電話:0276-20-7090 URL:http://www.city.ota.gunma.jp/gyosei/0100a/005/01/kanayamajo/index.html コメント:武田氏、
2008/02/11(月) 00:03:27 | 日本の城ブログ