FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

ブログBECCANでも、先日インフォメーションを
掲載しました「第61回二紀展」へ行って参りました。

地下鉄千代田線のA6番出口からだと
そのまま美術館に通路が直結しているんですが
なんかね、この通路がまたスゴイっていうか。
「近未来な感じのエスカレーター」とかね。
自分の住んでいる町の駅と比較したりして
ちょっぴりカルチャーショックです。(笑

新国立美術館 全景

正面からみた美術館。先日お亡くなりになった黒川紀章さんのデザインですね。
27番目に手がけた美術館なんだって。すごいね。
美術館だけでも約30かぁ。
建築デザイナーって素晴らしいお仕事ですよね。
自分の命はついえても、こうしてこんなに素晴らしい
建築物が残るなんて。幸せなことですよね★

国立新美術館 館内

外観もドレープを描いたような曲線美が印象的だったけど
館内もまた、ナンカ、衝撃的。
私はまっさきに「宇宙都市」を思い浮かべちゃった。
見て見て、人があんなにもちっちゃいんだよ。

国立新美術館 展示

広くて明るい展示室。
二紀展の会場へ。。
35の展示室の他に、野外彫刻展示や彫刻のお部屋も!
まさに膨大な数のアートに触れることができます。
絵画なんて、私の身長よりも大きいくらいのキャンバスばかり。
最初は真っ白だったろうキャンバスにこうも多彩な
世界が生まれるのは不思議です。
そして、どの絵にも描いた人の色んな想いがたくさん
つまって溢れ出ている感じを受けました。

国立新美術館

彫刻展示スペースは屋外にも。
青空の下に繰り広げられる彫刻の世界。
無機物でありながら、確実になんか訴えてる感じ!
ドキドキ…★
屋内の彫刻も見物でしたよ。
おおきな象さんとか、とんでるクワガタとか
行ったら探してみて。私のお気に入り↑。

国立新美術館 小暮千恵子さん

そして…今日はこの絵を観に来たのです。
今年春の紙BECCAN Vol.3の表紙にご協力いただいた
小暮千恵子さんの作品「森女」。
しばらくこの絵の前に立って時間を過ごしました。

人間の深奥に何かが、こう、ひしひしと迫ってくるような絵。
絵画は描く側からも何かを発信しているのだろうし
受け取る側の成熟度によってもいろんな捉え方があると思うの。
例えば、この「森女」も1年前の私では、今日の感じ方と全く
違っただろうし、10年後これを観たら、もしかしたら
私はその場に立ってられないかもしれない。。。
うーん、私のような若輩者が何を言ってもネ。。。
だけれど、「魂で描いているんだろうな…」と思ったの。
お会いした事はないですけれど、きっと、そうなんだろうな
って受けとめました。
皆さんにも、ぜひ近くで観ていただきたい一枚です。
写真と「生」の作品は発しているものが全く違いますからね。
35番目のお部屋に展示されています。

10月29日までです。是非!

以前の記事はこちらから。
二紀展に行こう!
コメント
この記事へのコメント
二紀展
こんにちは!二紀展観てくれたのですね。どうも有難う御座います。紙BECCANで絵を使って貰え、思わぬ人から観たよ~と云われたりして喜んでました。  ブログもあったの本日知りました。。。これから遡って観て見ます。近場情報満載で時間掛かりそうですが楽しみ~~です。
            {森女}千恵子
2007/10/28(日) 19:38 | URL | KOMACHI #cIc2ySa.[ 編集]
KOMACHIさま★
はじめまして。
ブログBECCANへようこそ!
そして、紙BECCANの表紙の際は
快くご協力していただき
本当にありがとうございました。

二紀展、初めて伺いましたが
あんなにも多くの方々が作品を
出しているんですね。圧倒されました。

これからも一ファンとして陰ながら
応援し、一つでも多くの作品を
拝見できること楽しみにしています。

ブログBECCANは、結構~膨大(笑
ですよ~。。
1年ちょっとでこんなに育ってしまいました。
どうぞ、楽しんでいただけますよう!

コメントありがとうございました。
また、遊びにきてください。
2007/10/29(月) 10:55 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/660-2e59a087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック