FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

今宵のBECCANは「源氏物語風に…」とタイトルだけは
パロってみたものの…
まぁ、要するに、秋の冷たい雨がシトシト降る夜は
気分はパァ~っ♪とあのお店に!
ってことで…ネ。ご主人の笑顔は「元気をくれる」笑顔だしね!
広東料理の「強記飯荘」へ行って来ました。

071021 足利市 強記飯荘 ピータン

「ねぇ、ピーたん、ちょっと私の悩み、聞いてくれる…?」
親しげに話しかけたくなってしまうキュートなネーミング。
「ピータン」は、この間お邪魔して以来、そのおいしさの虜なの。
ちょっとツウ好みかなぁ。。なんか「濃い」感じなんだよね。
この宇宙卵っぽいところが謎なんだけど。
生姜と一緒にいただくととてもナイスな前菜です。
紹興酒とともに。。合うんだ、また、コレが。

071021 足利市 強記飯荘 季節野菜の炒め

「旬野菜と衣笠茸のあんかけ」
サラダがわりにお野菜の摂れるお料理をお願いしました。
ちんげん菜に似た中国野菜に、とろりかかっているのは
「衣笠茸」だって。キノコなんだろうね。
でも、このキノコ、キノコっぽくないの。
なんかふわふわしていて、クラゲっぽいというか
海藻っぽいというか、油揚げにも似ているかなぁ。。。
きっと、読んでる人はますます分からないカモ…
この食感にはまっちゃって、お味もやさしい感じだし
おいしい一皿でした。

071021 足利市 強記飯荘 角煮

「東坡肉・トンポーロー」。
シェフに聞いたら「日本の豚の角煮に近い」んだって。
まず、この照りっぷりに視覚はヤラレましたね。
もう、眼の方が先走って「おいしい♪るん♪」ってなっちゃって(笑
実際、とーっても柔らかなお肉とちょい濃いめのお味が
後をひくったらありません。
ゆーっくり、モグモグ味わって幸せに浸りたい感じのお肉。

071021 足利市 強記飯荘 お饅頭

箸休めのお饅頭。
なんて、なんて可愛いビジュアルなんだぁ~
このコロンとした丸さ、この焼き色。
しかも中からは味のしみたお野菜とお肉が
ジュワワ~っと登場。
熱いんだけど美味しい!
箸休めまで感動しちゃう「強記飯荘」なの。

071021 足利市 強記飯荘 炒飯

いつも感心する。こちらのお店の油のキレイなこと。
ちっともモタレないんだよ。
今日の〆は蟹チャーハンです。
「ふわっ、あつっ」の炒飯は全種類制覇したよ。
蟹肉がおいしかった☆

071021 足利市 強記飯荘 杏仁豆腐

デザートタイムはおなじみ「杏仁豆腐」と「にんじんのムース」。
にんじんのムースは初めていただきました。
人参のすったのかなぁ、プチプチしててね、
でもムースはフワフワしててね。それで、ほんのり甘いんだ。

今宵も紹興酒を何回「お替り」したことだろう。
シェフのテンションも相変わらず高くて元気もらえたし、
雨の憂鬱もバイバイって感じだよ。
光源氏も、中華料理品定めでもすればイイのに。。。

【オマケのお知らせ】
強記飯荘の忘年会!新年会は「飲み放題」で
Aコース・お一人様¥4,500(税込)
Bコース・お一人様¥5,000(税込)
Cコース・お一人様¥5,500(税込)
Dコース・お一人様¥6,000(税込)
☆全てのコース前菜からお肉料理、海鮮料理、デザートまで8品。
☆4名以上の予約。

以前の記事はこちらから。
タイフーン vs 強記飯荘 #足利市

広東料理 強記飯荘 (きょうきはんそう)
@栃木県足利市田中町915-2
TEL/0284-73-8883
営業時間/11:00~14:00(昼)、17:00~21:00(夜)
おやすみ/火曜日

強記飯荘
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/659-4e42ecef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック