FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

足利市の鑁阿寺 不動堂(2)

=== 案内板より ===
中御堂(不動堂)
寺伝では開基 足利義兼公の創建とあるが、
文祿元年(1592年)生実御所国朝の再修になる。
御本尊不動明王は往古千葉県成田山より勧請せるもので、
興教大使の作といわれ霊験あらたかな不動明王である。
~中略
堂の右側に古井戸の跡あり
八百年前足利氏が居住した時に使用したといわれる。

足利市の鑁阿寺 不動堂
ということで、足利市の鑁阿寺にある不動堂です。
ここ鑁阿寺内には、この不動堂だけでなくいろいろな見所がありますよ。

足利市の鑁阿寺 不動堂の不動明王
これは不動堂の中に鎮座する不動明王様。
なかなかの迫力です。
ガラス越しに撮ったのでチョイとかすんでしまいました(汗)。

足利市の鑁阿寺 不動堂(3)
不動堂の横にある古井戸跡。
800年も前の井戸の跡!?
当時の足利氏の方々が使っていたって、想像もつきません。。

足利市の鑁阿寺の大銀杏(2)

=== 案内板より ===
大銀杏(おおいちょう)
開基 足利義兼のお手植えと称しているが
鎌倉時代末期正和年間(1310年)の当山の古地図には載っていない。
故 三好学博士の鑑定によれば樹齢約五百五十年といわれる。
江戸時代には既に大木となり樹下に於て大日如来のお堂を前にして
青年男女のお見合いが行われ、縁結びの御神木ともいわれている。
云々。。。

足利市の鑁阿寺の大銀杏
まさに巨大!
木が大きくても、落ちてくる銀杏の大きさは普通ですからご心配なく♪

朝の散歩も気持ち良いです。
また来よう、鑁阿寺。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/456-c2b83059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック