FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

道鏡塚。[下野市*龍興寺]

下野市の「龍興寺」さん。
こちらには道鏡というお坊さんのお墓があります。
下野薬師寺別当を勤めた方です。



道鏡塚。[下野市*龍興寺]

道鏡塚」であります。

===
案内板より
道鏡禅師の墓所
奈良時代の高僧、道鏡禅師の墓所(道鏡塚)が当所です。
道鏡は若くして出家し、葛城山で厳しい修行をし、義淵(ぎえん)、
良弁から法相を学び、梵文と写経に通じ、如意輪法・宿曜法・
併せて、薬法や医術にも精通された高徳の僧です。



天平勝宝年間、宮中内道場の看病禅師となりました。
そして、孝謙上皇の病を療治した功績により、天平宝字7年(763)、
少僧都に任じられました。
次の年に恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱が起き、
道鏡は上皇から大臣禅師に任じられ、乱に勝利した孝謙上皇は、
重祚して称徳天皇となりました。
新しい政治を進めようとする天皇により、天平神護元年(765)、
道鏡は太政大臣禅師に引き立てられ、さらに翌年、
天皇に准ずる待遇の法王に任命されました。


道鏡塚。[下野市*龍興寺]

禅師、宮中に奉職すること十余年、多くの功績を上げましたが、
宝亀元年(770)8月4日、称徳天皇が崩御されますと、同年8月21日、
造下野国薬師寺別当職(長官)に任じられ、奈良の都から遣東されました。
禅師は、下野薬師寺に着任後も、各地で積極的に巡錫や親教をし、
多くの人々を教化されましたが、宝亀3年(772)4月7日、
日本三戒壇の一寺であるこの聖地から、天皇のご冥福と、
すべての人々の幸せを祈りながら、静かに遷化されました。
人々は、これを深く哀しみ、禅師の徳を偲び、
すでにあったこの円墳を墓標として、手厚く葬りました。
私たちは、真実の歴史を探究してこられた先達に敬意を表し、
その意思を受け継ぎ、道鏡禅師の更なる顕正を目指しています。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
薬師寺八幡宮。[下野市]

【道鏡塚】
@栃木県下野市薬師寺

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する