FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

上杉神社。[山形県米沢市]

山形県米沢市です。
上杉神社」の続きです★

米沢城跡に建つ上杉神社さんの境内には、
お城であった頃の足跡があちこちに残っています。



上杉神社。[山形県米沢市]

先ずは「米沢城下絵図」から。


===
米沢城
伊達氏・上杉氏の居城で、松岬城・舞鶴城とも呼ばれる。
米沢城の起源は、鎌倉時代に地頭・長井時広が居館を置いたと伝えられる。
その後、長井氏に替わり伊達氏が置賜地方を領し、天文17年(1548)には
伊達晴宗が本拠を米沢に移し、輝宗・政宗の3代で米沢城下が整備された。

天正19年(1591)、政宗は豊臣秀吉の命で岩出山城に移り、
米沢城には蒲生氏郷の家臣・蒲生郷安が入るが、
慶長3年(1598)に上杉景勝が会津120万石に入封、
米沢城には重臣・直江兼続が配された。
慶長6年(1601)、前年の関ヶ原の戦いで西軍方についた上杉景勝が
米沢30万石に減封され米沢城に入城、城下の拡張整備に着手した。
以後、寛文4年(1664)に後継問題で米沢藩は15万石となるが、
米沢城は約270年間にわたり上杉氏13代の居城として明治維新を迎えた。

城郭は平城で、本丸・二の丸・三の丸からなる輪郭式の縄張りで、
三の丸の東側には町人町・職人町が置かれた。
本丸の中央は藩主の住む御殿があり、
南東隅の高台には上杉謙信の遺骸を祀る御堂が建ち、
北東と北西の隅には三層の隅櫓があった。
明治になって御殿や隅櫓は取り壊され、
本丸跡は松が岬公園と上杉謙信を祭る上杉神社になる。
堀と土塁が往時を偲ばせ、堀の周囲には桜の木が並び桜の名所ともなっている。
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

こちらの石段を上った先の高台には、
「上杉謙信公祠堂跡」があります。


上杉神社。[山形県米沢市]

===
上杉謙信祠堂(御堂)跡
江戸時代、上杉謙信の遺骸を安置した御堂(祠堂)が建っていた場所である。
謙信は天正6年(1578)3月13日、越後春日山城で逝去、享年49であった。
その遺骸は甲冑を着せ甕に納め、漆で密閉したと言われている。
その後、謙信の跡を継いだ上杉景勝が会津120万石、
米沢30万石に移封されるに伴い、謙信の遺骸も移され、
米沢城南東隅のこの地に御堂を建て安置した。
謙信遺骸の左右には善光寺如来と泥足毘沙門像が置かれ、
その後は歴代藩主の位牌も祀り、最も神聖な場所として厳重かつ鄭重に祀られた。
明治4年の廃藩に際し、仏式を改め神式とし、
謙信は上杉神社の祭神として祭られる。
謙信の遺骸は、同9年に歴代藩主が眠る御廟所(上杉家墓所)に移された。
云々。。。


以前会津の鶴ヶ城に行った時の「上杉謙信公仮廟所跡」の記事はこちらから。
鶴ヶ城に行ってきました!  ★会津若松市



上杉神社。[山形県米沢市]

そして御堂跡の隣に建つ「招魂碑」です。

===
招魂碑
この招魂碑は、慶応4年(1868)に始まった戊辰戦争で、
主に新潟方面で西軍と激戦の末に戦死した米沢藩士280余名と、
明治10年(1877)におこった西南戦争の戦死者52名を慰霊するために、
明治11年4月に建てられました。
その後、日清・日露戦争で戦死した将兵の霊も合祀されています。

この場所は、米沢城本丸の東南隅にあたり、
藩祖上杉謙信公の遺骸を安置した御堂があったところです。
毎年2月に開催される雪灯篭まつりの鎮魂祭は、この地で執り行われます。
碑は、凝灰岩で高さ約3.4メートル、総高約5.8メートル。
碑名は、戊辰戦争に従軍して参謀を努めた斎藤篤信
(後の山形県師範学校初代校長)が、
稲穂の芯を束ねた特製の大筆で書いたものです。
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

===
上杉鷹山公
(上杉家10代)窮乏の淵にあった米沢藩を、
卓抜な発想と大胆な政策によって再建した江戸時代随一の名君として知られる。
宝暦元年(1751)7月20日高鍋藩主秋月種美(3万石)の二男として誕生。
幼名松三郎または直松。母は秋月藩黒田長貞の娘春姫。
春姫の母は(上杉家5代)上杉綱憲の娘である。
宝暦10年、上杉重定(上杉家9代)の養子に迎えられ、明和3年治憲を改名。
翌4年17歳で米沢15万石の藩主となる。
幼少から折衷派の儒者の細井平洲に師事し、実学一致の経世論を身につけた。
藩主となるや大倹令・産業開発・藩校興譲館の創立・政務の革新等を断行し、
隠居後も政務に参与して再建に務めた。
米沢織・米沢鯉・深山和紙など鷹山の興した産業は現在に伝承されている。
天明5年(1785)養子治広に家督を譲って隠居し、鷹山と号した。
民主政治の原点を示した「伝国の辞」は、このとき新藩主治広に与えたものである。
文政5年(1822)3月12日没。春秋72。上杉家廟所に眠る。

追文
アメリカ合衆国第35代大統領J・F・ケネディが、日本人記者団の質問に
「日本の政治家で最も尊敬しているのは上杉鷹山である」と答えたとは夙に有名である。
さらに最近では、わが国の行政改革の先駆者としての公の名は高まるばかりである。
わが郷土米沢が世界に誇る偉人をさらに永く、広く世人に知らしめるため、
ここに「上杉鷹山公像」を建立したものである。
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

===
天地人『上杉景勝公と直江兼続公主従像』
慶長6年(1601)、上杉家は関ヶ原の責めを負って、
会津120万石から米沢30万石に減封されました。初代藩主は上杉景勝公、
その執政が「愛」の前立ての兜で知られる直江兼続公です。
2人の主従は固い絆で結ばれ、義と愛の心で領国経営にあたり、
米沢藩270年にわたる治政の礎を築きました。
米沢市民は今なお両公に対し深い敬慕の念を抱いています。
この像は、当時の国内情勢混沌とした中、不屈の意思をもって未来へ向かおうと、
米沢入部の途次、新しいまちづくりについて2人の主従が語り合う姿を表現しています。
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

===
上杉謙信公
戦国末期、群雄割拠の中にあって「越後の虎」と怖れられた文武兼備の名将である。
大儒者 藤原惺窩は、戦国の世に学問を好んだ武将5人の筆頭に謙信の名をあげている。
謙信は享禄3年(1530)1月21日、越後守護代長尾為景の次男(一説に三男)として
越後春日山城に生まれた。
幼名は虎千代、元服して平三景虎と称した。7歳のとき春日山林泉寺に預けられ、
名僧天室の教えを受ける。謙信の生涯を貫く深い信仰心はこのとき培われたものであろう。
天文12年、14歳の景虎は兄晴景の命によって林泉寺を離れ、越後平定に助力する。
晴景に代わって長尾家を継ぎ、春日山城主になったのは19歳の冬であった。
以来戦いにあけくれる日々を送る。
攻めれば必ずこれに勝ったが、侵略のために兵を動かすことは絶えてなく、
すべてが義のための戦いであった。
戦国期最大の激戦と称される永禄4年(1561)の川中島合戦は、
武田信玄との一騎打ちで広く知られるが、
これも信玄に侵略された信濃諸国を助けるための義戦であり、
謙信が戦術家としての天賦の才を遺憾なく発揮した一戦であった。
この年、関東管領上杉憲政の養子に迎えられ、上杉政虎と改名して管領職を引き継ぎ、
同年冬、将軍足利義輝の一字を賜って輝虎と改める。
謙信と称するのは41歳の元亀元年からである。
謙信は毘沙門天を深く信仰し、軍旗に「毘」の一字を用いた。
出陣に際しては神仏の加護を願い、天に代わって世の邪悪を払う「武禘式」を執り行った。
生涯女性を近づけなかったのも信仰上の新年によるものであろう。
謙信は詩歌・連歌の道にも堪能で、書は近衛流の名手と称された。
天正5年 七尾城外で詠んだ「九月十三夜」はいまも人々に親しまれている。
天正6年(1578)3月9日、関東平定の出陣を前にして病に倒れ、
同13日突然として逝った。享年49。
遺体に甲冑を着て甕に納められ、上杉家廟所の中央に眠る。
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

最後に「伊達政宗公生誕の地の碑」です。
仙台のイメージが強い伊達政宗さんも、生まれは米沢なんですねー。


米沢城二の丸跡の「上杉博物館」と「上杉記念館」を見て回り、
松岬神社、そして本丸跡に建つ上杉神社を参拝。
まさにこのエリアは歴史の宝庫てあります (=゚ω゚)ノ

来て見てホントヨカッタ★
また来たい、また来てみよう、上杉神社。。。



以前の記事はこちらから。
上杉神社。[山形県米沢市]

【上杉神社】
@山形県米沢市丸の内1丁目

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する