FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

上杉神社。[山形県米沢市]

山形県米沢市です。
いよいよやって参りました、本日のメインイベントっ。
上杉神社」です!

おそらく相当昔に来たことがあるんです。
まだブログをやっていなかった頃。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

米沢城の跡に建つ神社さん。
お城だった頃の名残をあちこちに留めています。


=== 案内板より ===
舞鶴橋
米沢城本丸跡の堀に架かるアーチ式の石橋で、
上杉神社の参道として明治19年(1886)に完成した。
江戸時代は米沢城の正面にあたり、木製の太鼓橋が架けられていた。
舞鶴橋の名称は米沢城の別称「舞鶴城」に由来する。
平成10年に国の登録有形文化財に指定された。
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

「一の鳥居」と、



上杉神社。[山形県米沢市]

「二の鳥居」。



上杉神社。[山形県米沢市]

そして「神門」。



上杉神社。[山形県米沢市] 上杉神社。[山形県米沢市]
(写真はクリックで大きくなります。)

神門の前に「狛犬」クン。


===
上杉神社御由緒
御祭神 上杉謙信公
天正6年(1578年)3月13日、戦国の名将上杉謙信公が越後の春日山城に
49才で急逝された時、その遺骸を城中不識庵に仏式を以て鎮祭されたのであるが、
2代景勝公が会津を経て米沢に移封されるに当り、
祠堂を米沢城内に移して仏祭を厳修し爾来260年に及んだ。



上杉神社。[山形県米沢市]

明治の世を迎え祠堂のまま神祭に改め、米沢藩中興の名君鷹山公を合祀して
上杉神社と称し県社に列し、同9年には新たに神殿成り初めて遷座祭を行なう。
明治35年、往時の勤王の功により別格官幣社に列せられたが
(鷹山公は新たに摂社として松岬神社を創立して正面壕の外に鎮座)
先年の神社制度の改革によって社格を廃して現在に至る。



上杉神社。[山形県米沢市]

大正8年米沢市の大火後同12年米沢出身建築界の泰斗伊東忠太博士の設計により
現在の社殿を始め一切を竣成したのである。
境内は旧米沢城址本丸跡で例祭は4月29日(歿年3月13日を太陽暦に換算)。



上杉神社。[山形県米沢市]

宝物殿の御案内
御祭神上杉謙信公の遺品を主として2代景勝公、直江兼続公、
中興の名君鷹山公の遺品遺墨等がほとんどで、
平安より江戸期に亘る絵画、書跡、刀剣、甲冑、武具、仏器、陶漆器、
服飾類等多種多様で重要文化財、重要美術品、県文化財、を含む収蔵品は
優秀な美術工芸品として或いは貴重な史資料として往時を語り伝え、
燦然たる光輝を放っている。
上杉神社再建に当りその宝物殿として創設されたもので
神殿と調和を保つ日本風の外観をみせた重層建築である。名づけて稽照殿という。
開館午前9時から午後4時まで
云々。。。



上杉神社。[山形県米沢市]

神仏分離を切っ掛けに、明治になってからお祀りされた、
比較的新しい?神社さんです。
何年か前からもう1度来てみたいと思っていたエリアなので、
ホント今日はヨカッタなぁ~★

上杉家、米沢の歴史を語る聖地であります。。。
つづく。



以前の記事はこちらから。
松岬神社。[山形県米沢市]

【上杉神社】
@山形県米沢市丸の内1丁目

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する