FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

山形県米沢市です。
前田慶次さんの屋敷跡「無苦庵」に続いてやって参りました、
上杉博物館」であります。



上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

米沢の歴史、風土がテンコ盛り★
上杉家ゆかりのお宝も拝見できる博物館♪
ご多分に漏れず、撮影できる場所は限られてしまうのですが、、、


上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市] 上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市] 上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]
(写真はクリックで大きくなります。)

しかししかし、入館料を考えるとヒジョーに充実した内容で
思わず、安いっ!と口に出てしまいましたっ(汗、、、


上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

中でも「洛中洛外図屛風」のコーナー、これはヨカッタ~っ。
日本昔ばなしのアニメーションが進化したような3D映像を駆使し、
ずこく分かりやすく綺麗に紹介されているのです。
必見ですネー★



上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

=== いただいた資料より ===
国宝 上杉本 洛中洛外図屏風 狩野永徳筆
天正2年(1574)に織田信長が上杉謙信に贈ったと伝えられるもので、
狩野永徳の筆に成るとされている。
京の市街地(洛中)と郊外(洛外)を高い視点から描く。
全面に金をあしらい、大変ゴージャスな印象を与えるが、それは決して重くはない。
その金から京の景物が浮かびあがる。
モチーフの名称が232、画面に直接墨書きされ、
描かれている人物は2500人近くにのぼる。
当時の京都の人口は10万人位といわれるから、
実に40人に1人が描かれていることになる。
本図は、芸術的美術史的価値ばかりでなく歴史資料としての価値も高く、
民俗学的見地からも貴重な資料であり、平成7年6月15日国宝に指定された。


上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

本図は狩野永徳筆とされていたが、描かれている京の町の景観や
具体的な建物の存在期間と永徳の生年との関係などから、
永徳筆を疑問視する説もとなえられ、様々な議論が繰り広げられてきた。
しかし本図の右隻第6扇・左隻第1扇に押された印は
狩野永徳が著した『本朝画印』によって永徳のものとして信用できるとされ、
技法などから狩野永徳の確実な作品として国宝指定に至った。
筆者とされる狩野永徳は桃山時代の代表的な画家である。
若くしてその才能を開花させたと言われる。
天正4年(1576)から同7年まで織田信長の安土城の造営が行われたが、
永徳一門は城内の障屏画(襖、屏風絵、床の間などに描かれた絵画)
の制作を担当した。
それは信長を大いに満足させる出来栄えであったという。
後には豊臣秀吉と結びつき、天正11年にはじまる秀吉の大阪城、
同14年にはじまる聚楽第の造営でも筆をふるった。
云々。。。



上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

エントランスにあった「動く能舞台」。

=== 案内板より ===
能楽の普及と米沢
江戸時代、能楽は幕府と諸大名とを結びつける役割を果たし、
諸大名にとっては欠かすことのできない教養でした。
米沢藩でも歴代藩主が能楽をたしなみ、中でも四代藩主上杉綱憲は
能楽に積極的で、自ら舞うこともありました。
また、米沢城二の丸で行われた能楽を一般庶民に自由に見せることもしました。
綱憲の時代に関係を深めた金剛流は、現在の置賜地方にその影響を残しています。
云々。。。



上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

そしてこちらは、博物館のお隣にある「上杉記念館」です。

===
上杉記念館(上杉伯爵邸)
上杉記念館は、上杉家14代当主上杉茂憲伯爵邸として、明治29年に建築。
米沢城二の丸跡にあり、鶴鳴館と称されました。
大正8年の大火で類焼し、大正14年5月に再建されました。
庭園は東京浜離宮に倣って築園されており、
庭園を見ながら、米沢伝統の郷土料理が味わえます。
平成9年に国の登録有形文化財になりした。
云々。。。



上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]
上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]


上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

===
第9代米沢藩主・上杉治憲(鷹山)は、藩政改革の一環として養蚕を奨励し、
自らの台所仕切料(身の回りで使う金)を節約して桑の苗木を買い、
領内の希望者に無償で配ったと伝えられています。
その桑の木のうちの2本が、長井市五十川と白鷹町山口に現存しており、
両樹とも高さ10メートル以上に成長して、勇壮な姿を呈しています。
この桑樹は、平成17年に白鷹町山口にある鷹山ゆかりの桑樹から穂木を取り、
接ぎ木して育てた桑の木です。
云々。。。



上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]


上杉博物館と上杉記念館。[山形県米沢市]

「上杉博物館」と「上杉記念館」。
ヨカッタ~☆



以前の記事はこちらから。
無苦庵跡。[山形県米沢市]
以前の博物館はこちらから。
おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]

【伝国の杜 米沢市上杉博物館】
@山形県米沢市丸の内

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する