FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

黒井峯遺跡。[渋川市]

渋川市です。

小室敷石住居跡に続いてやって参りました、「黒井峯遺跡」です。
前から来て見たかった、国の史跡であります。



黒井峯遺跡。[渋川市]
「6世紀初めの噴火想像図」
大噴火と同時に起きた火砕流がしだいに迫ってくる。


ではでは早速。。。


=== 案内板より ===
黒井峯遺跡
この遺跡は古墳時代後期(6世紀中頃)に
榛名山の爆発によって軽石で埋没した災害遺跡である。
発掘調査は昭和57年から昭和63年まで5回行われ、
軽石災害の生々しい状況と住居をはじめとする建物群が残されていた。
このことから、災害直前(6月頃)のムラの景観や
人々の暮らしを正確に知ることが出来る遺跡として評価を受け、
平成5年4月に国の史跡となった。
遺跡の広さは、子持中学校を含む台地の平坦部と北側の谷を含めて
約14万平方メートルが指定範囲となっている。



黒井峯遺跡。[渋川市]
「6世紀中頃の噴火後の状況」
噴火後、生活用具を掘り返しに戻って来たが、その後ここで生活した痕跡はない。



榛名山の火山爆発は古墳時代後期に2度の大爆発を起こし、
そのたびごとに遺跡へ大きな災害をもたらしている。
1回目は6世紀初めで、長崎県雲仙普賢岳で見られた高温の砂風に似た火砕流が
周辺一帯を何度も襲い、焼け野原にしてしまった。
発掘調査で判明したムラ跡は、この火砕流災害後に作られたムラである。
ムラは数十年続いたが、2回目の大爆発(6世紀中頃)で
2メートルにも達する軽石層が建物や田畑などすべてを覆いつくしてしまった。
この災害の後はムラが再建されることはなく、埋もれたまま現在に至っている。



黒井峯遺跡。[渋川市]
「榛名山と黒井峯遺跡」
古墳時代の噴火した場所から遺跡までは約1km、この間には吾妻川が東へながれる。
東の雪山は浅間山。



調査によって判明した事実は、
軽石堆積層の中に建物が閉じ込められていたことである。
また、厚い軽石層に保護された古墳時代の地表面には畠、水田、道、境界、
水場、樹木の跡など、当時の人々の生活のありとあらゆる痕跡が残されていた。
ムラは竪穴住居一棟と垣で囲まれた建物群(平地式住居、高床式倉庫、
作業小屋、家畜小屋などが含まれ、7~10棟程度)が一単位で、
この中に数家族が住んでいたとみられる。
黒井峯遺跡には、こうしたまとまりが8~10単位存在している。
日々の生活は牛馬の放牧と飼育を行いつつ、
畠や水田耕作を同時に行う複合作業と推定され、
高度に発達した農業であることが判明した。
云々。。。



黒井峯遺跡。[渋川市]

向こうに榛名山を望む。



黒井峯遺跡。[渋川市]

日本のポンペイともいわれる有名な遺跡ですが、
案内板が立つのみで復元された遺構とかも特にありません。

と、思ったら。



黒井峯遺跡。[渋川市]

案内にあるQRコードを読み取りアプリをダウンロードすれば、
噴火の様子、建物の様子がVRで楽しめちゃう!
これはいいかもです!
写真はVRアプリの1シーン、二ツ岳が墳円を上げ始めたところ。


渋川市にある「黒井峯遺跡」。
ナニゲに楽しめましたっー。



以前の記事はこちらから。
大塚古墳。[渋川市]

【黒井峯遺跡】
@群馬県渋川市中郷

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する