FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

茂左衛門地蔵尊 千日堂。[利根郡みなかみ町]

利根郡みなかみ町です。
大宝院塚に続いてやって参りました、
茂左衛門地蔵尊 千日堂」であります。



=== 案内板より ===
茂左衛門地蔵尊由来記
今から凡そ300余年前のこと上州沼田領3万石の城主、
真田伊賀守信直は華美放漫政治をした為に藩の財政は窮乏したので、
これが立直しの為領民の苦境をも考えず、寛文年間再度に亘り
無理な検地をして3万石を約5倍にあたる14万4千石とし、その上、
凶年続きで困窮のどん底にあえいでいる百姓から苛酷な取立を行い
滞納者には残酷な刑罰に処した。



茂左衛門地蔵尊 千日堂。[利根郡みなかみ町]

この惨状を見るにしのびず利根、吾妻、勢多の3郡177ヶ村の領民の為に
一命を捨てる覚悟で立上がったのが月夜野の百姓茂左衛門である。

茂左衛門は姓を杉木と言い義気に富んだ中流の百姓であった。
天和元年(1681)正月、領主真田伊賀守の非行、領民の惨状をしたゝめた訴状を
懐に密かに江戸に上り、上野輪王寺宮から将軍家え
巧妙な方法で直訴に成功した。

時の将軍(五代綱吉)は取調べの結果、罪状明確なので伊賀守は改易、
沼田城破却の運命となった。



茂左衛門地蔵尊 千日堂。[利根郡みなかみ町]

茂左衛門は本望をとげたのを見とどけたので、ひそかに郷里に帰り
妻に別れを告げ自首を決意して江戸に向かうところを
小袖坂で幕吏に捕えられ江戸送りとなり、取調べの上、所成敗となり
天和2年11月5日、月夜野竹の下河原にて磔刑(はりつけ)に処せられた。

領民はその死をいたみ刑場あとに地蔵尊を建て供養を続け、
その遺徳をしのびきたが
大正11年旧領地をはじめ各地の特志家からの浄財によって、
こゝに茂左衛門を祀る千日堂が建立されたのである。
云々。。。




【茂左衛門地蔵尊 千日堂】
@群馬県利根郡みなかみ町月夜野





茂左衛門の訴状を代筆したのが
大宝院塚にお祀りされている昌月法印というお坊さんなんですね。。。



茂左衛門地蔵尊 千日堂。[利根郡みなかみ町]

茂左衛門地蔵尊 千日堂。[利根郡みなかみ町]

こちらは千日堂からすぐ近くの「義人茂左衛門刑場址」です。

真田氏による沼田藩がなくなってしまった理由が
幕府からの改易だったとは知りませんでした。。。



以前の記事はこちらから。
大宝院塚。[沼田市]
以前のみなかみ町はこちらから。
窯焼きピザの店 ラ・ビエール。[利根郡みなかみ町]

【義人茂左衛門刑場址】
@群馬県利根郡みなかみ町月夜野

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する