FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

みなかみ町です。

こちら農産物直売所「太助の郷」。
open前から待ってる人がチラホラです。
人気のお店ですネ。



塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

太助の郷っていうくらいですから、
塩原太助さんでしょうか?やっぱり。


塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

〝沼田城下の塩原太助〟。
上毛カルタの一説が建物に掲げられていました。



塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

そして、道を挟んですぐお隣にあるのが、
塩原太助翁記念公園」です。

「宝物殿」と「生方太吉」さんの銅像。
太吉さんて誰なんだろう。。。


=== 案内板より ===
塩原太助翁小伝
塩原太助は寛保3年2月3日に生まれ、幼名は彦七、
父は塩原角右衛門、母は「とめ」と云いました。
或る日江戸に出て、身を立て、家を興そうと父に願いでたが許されず、
ついに、或る朝未明に草刈に出かけるように装って
日頃飼いならした愛馬「あお」を引いて家を出ました。



塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

この時「あお」をつないで別れた(別れの松が香才ヶ原にあります)
時に宝暦11年8月20日途中榛名の御師の山本坊に寄り
僅かばかりの旅銀を借り受け江戸に出ました。(太助19歳の時でした)

江戸に出ても奉公口を探すことが出来ず、ついに思い迫って死のうと決心し、
神田昌平橋から身を投げようとしました。
その刹那「早まるな」と後ろから抱き止めてくれた人が炭商山口屋善右衛門であります。
太助はここで奉公を続け、朝は星を戴いて起き、夜は人声の鎮まるのをまって寝ました。
他の奉公人の休む暇には穿き古しの、はき物の鼻緒などをすげ替えておいて
俄の場合の役に立たせ落ち散ってある縄屑などは拾い溜めておいて
炭俵のつくろいなどに使いました。
この様にして、奉公人の鑑とまで感心される様になりました。



塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

また翁は山口屋に奉公して5年目に、
翁が毎日炭荷を積んだ車を引いて通る湯島無縁坂の改修、
晩年、中山村の反峠に渋茶の接待所、伊香保より榛名神社に通ずる、
天神峠に常夜燈を建て往来の者の便を計りました。
この様にして公益事業に巨費を投じたのです。
翁は山口屋に奉公したのが、実に、23年、その間、まめまめしく良く勤め
ついに本所相生町に店を構え巨万の富を築き公儀のお金御用を勤める身分となって、
「本所にすぎたるものが2つあり津軽大名、炭屋塩原」と云われる様になりました。
翁は文化13年閏8月14日74歳で没せられました。
云々。。。



塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町] 塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町] 塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

公園内にある「報徳太助神社」。
塩原太助さんがお祀りされている神社さんです。


塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

「拝殿」と、覆屋で守られている「本殿」。


江戸時代の豪商、塩原太助さん。
みなかみ町ご出身の方なんですネ。
裸一貫から身を起こして大商人となったサクセスストーリー。
想像を絶するご苦労もあったのではないかと。。。
勉強になった今日であります。



以前の太助さんはこちらから。
正縁塚と愛馬別れの松。[沼田市]
どどぉ~ん、と千四百年の時を経て。。。 その1  高崎市★榛名神社
以前のみなかみ町はこちらから。
そば処 くぼ田。[利根郡みなかみ町]

【塩原太助翁記念公園】
@群馬県利根郡みなかみ町新巻

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する