FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

江田神社。[宮崎県宮崎市]

宮崎県宮崎市です。

「江田駅跡」に続いてやって参りました、
江田神社」であります。



江田神社。[宮崎県宮崎市]

全国の神社で行われるお祓いの
祝詞に出てくる舞台となった神社さんです。



江田神社。[宮崎県宮崎市]

前回来た時は、突然の通り雨に洗礼を受け、
上手に参拝出来なかったのですが、
今回はまさに雲ひとつないピーカンの神社日和。



江田神社。[宮崎県宮崎市]

=== 案内板より ===
みそぎはここから始まった。
国生み神話のイザナギ、イザナミを祭る江田神社に、
壮大な天地創造の物語を思う。

「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」と祓詞に今も残る
宮崎市阿波岐原にある江田神社(創建不詳)は、
国生み神話で知られる伊耶那岐命、伊邪那美命の両神を祭る。




江田神社。[宮崎県宮崎市]

妻である伊邪那美命を追って黄泉の国へ行く伊邪那岐命は、
そこでおそろしい目に会い、その汚れを祓うために阿波岐原で「禊払」をした、
と古事記にあることから、阿波岐原はみそぎ発祥の地であるとされ、
近くにはみそぎ池がある。



江田神社。[宮崎県宮崎市]

また、毎年6月と11月に半年分のお祓いをする、「オンバレさま」という
浜下りの特殊神事が行われる。
国を産み、主要な神々を産み、さらに黄泉の国にまで出かけていった、
神のダイナミックな物語を伝える江田神社は、今も松林の間にひっそりとたたずんでいる。
云々。。。



江田神社。[宮崎県宮崎市]

===
江田神社由緒
社名 江田神社
御祭神 伊邪那岐尊 伊邪那美尊
本神社ハ太古ノ御創建ニシテソノ創立ノ年代ハ詳カナラザルモ
此ノ地一帯ハ古来所謂日向ノ橘ノ小戸阿波岐原トシテ伊邪那岐ノ大神禊祓ノ
霊跡ト傳承セラレテ縁起最モ極メテ深キ社ナラム

禊祓ノ際天照皇大神、素佐嗚尊ト住吉三神ノ神々ガ御降誕アラセラレタル
霊域ノ地ト傳ヘ即チ上代ニ於ケル中ツ瀬ト称セル
御池本社ヲ去ルコト約五丁ノ東北ニ現存ス
後、世人入江ヲ開墾シテ江田ト称シ里人俗ニ当社ヲ産母様ト称ヘテ今日ニ至ル



江田神社。[宮崎県宮崎市]

仁明天皇承和4年丁巳8月官社ニ列セラレ
文徳天皇仁壽元年辛未正月従四位下ヲ授ケラレ
清和天皇貞観元年己酉10月従四位上ニ進メラレ其後円融天皇天禄元年2月迄ニ
天変地妖兵革等ノ年毎ニ敍位8回ニ及ビ正一位ニ昇階アリシト云フ

醍醐天皇ノ延喜年間ニ於テ延喜式内社日向四座ノ一社トシテ
神明帳ニ登載セラレ祈年新嘗ノ奉幣ヲ承ケ居リシガ後西院天皇寛文年間ニ
神社ノ制度ニ変革ヲ来シ遂ニ一村落ノ産土神ト同様ノ取扱ヲ承ケルニ至レリ

明治維新ニ際シ明治6年5月25日ニ社格県社ニ列セラレ
同40年2月9日神饌幣帛料供進ヲ指定サレテ今日ニ至ル
云々。。。



江田神社。[宮崎県宮崎市]

パワースポットとして紹介さけることの多い、
歴史ある神社です。

それにしても気持ちの良い晴れた日であります。。。



以前の記事はこちらから。
江田神社。[宮崎県宮崎市]
みそぎの碑。[宮崎県宮崎市]
江田駅跡。[宮崎県宮崎市]

【江田神社】
@宮崎県宮崎市阿波岐原町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する