FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]

利根郡みなかみ町です。

「深沢遺跡配石遺構」の、道路をはさんで向かい側。
あれですねー。
縄文時代の住居跡、「梨の木平敷石住居跡」です。



梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]

建物の中に入ると、ドームがありまして、
下を覗き込むと、、、

おぉっ~。。。



梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]

これだぁっ。


=== 案内板より ===
梨の木平遺跡の位置と環境
群馬県北部山間の月夜野町は、遠く赤城山と谷川岳をのぞみ、
三峰山と大峰山に挟まれた利根の清流が中央を流れる谷間の土地です。
この辺りは利根川によって段々に削られた高台のうえで、
現在の集落をはじめ過去の村々が代々営まれてきました。
遺跡は、上毛高原駅から東へ400mほど離れた場所で、
諏訪沢に面した台地のはしのがけ上にあり、
標高425mでながめがとても良い場所です。



梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]

ここの地名は月夜野町大字月夜野字薮田ですが、
この附近は昔から「梨ノ木平」と呼ばれていました。

町内には数多くの埋蔵文化財が見られ、
縄文時代では早期の前中原遺跡(月夜野)、
前期の善上遺跡(師) 三後沢遺跡(下津)、
中期の坂上遺跡(後閑) 十二原遺跡(上津)、
後期の深沢遺跡(月夜野: 移築保存)、
晩期の国指定史跡矢瀬遺跡(月夜野; 矢瀬縄文ムラ)、
などたくさんの遺跡を挙げることができます。
梨の木平遺跡の敷石住居は中期の終わりころのものです。
また、弥生時代の町指定史跡八束脛洞窟遺跡(後閑)
平安時代の月夜野古窯跡群(月夜野)
町指定史跡政所沢口遺跡(政所)
中世の県指定史跡名胡桃城址(下津)
など県内を代表する重要な遺跡があります。
云々。。。



梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]
「発掘調査中の敷石住居跡」。

===
敷石住居跡の発見と保存
昭和51年、上越新幹線の工事をしている時に、
上毛高原駅へスムーズに行けるようにするため、ここに県道をつくることになりました。
その場所を、県教育委員会が発掘調査したところ、
今からおよそ4千年前の縄文人がくらしていた、床に石を敷いた家の跡が発見されました。
この家は敷石住居といって、縄文時代の中期から後期に
関東地方を中心とした地域に流行していた家のひとつです。

梨の木平遺跡の敷石住居跡は、とても美しく石を敷き詰めていて、
実に見事な良い仕事でつくられています。さらに、残りの状態がとてもよく、
縄文人の生活やその社会。人々の心を考えるうえでとても重要なものです。
ここは昭和52年4月1日、群馬県指定史跡「梨の木平敷石住居跡」として、
現地にそのままの姿で残すことになりました。
当時、歩道の下にくいこんだ地下室のような形に、
特別に付け足された施設で展示されていましたが、保存状態が悪く見学しにくくなったので、
今回、新しく施設をつくりなおして、保存・展示されることになりました。
云々。。。



梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]
「イエのなかのようす・いろりをかこんで何を話しているのかな?
いろいろな道具や食べ物があるのがわかるかな?」


===
史跡の概要
住居はローム層を掘り込んで水平に整地され、掘り込みが深いたて穴式住居であったため、
床面に敷きつめられた敷石が良く残されていて、敷石住居のこう造がよくわかりました。
床面には7つの柱穴があり、床石はこの柱間を結んだ線の内側に、
ほぼ六角形に敷かれています。
敷かれた石のほとんどは自然にはげた平らな石で、一部に河原石が使われています。
敷石のほぼ中央には河原石を組んだ炉があり、
南側には張り出して石を並べた出入口があります。
張り出し部と炉を直線でむすんだ左右では、大きめの平石が対称の形に配置されていて、
さらに、これらの石のすき間には小石がつめられ、ていねいに美しくつくられています。


梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町] 梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]
「出土した遺物」。

炉の中には大型の土器を敷いて入れ、まわりに五石を立ててかこい二石は割られていた。
張り出しの付け根には土器が埋められていて、後で動かされた石かぶさっていた。
住居の上のこう造はよくわからないが、
直径10cm前後の柱で住居のはんい外までふきおろした屋根をささえていて、
出入口部の屋根がとび出していたと思われます。
云々。。。



梨の木平敷石住居跡。[利根郡みなかみ町]
「ムラのなかのようす・いろいろな建物やナゾのトーテムポールがあります。
みんな何をしているのか、わかりますか?」



小さな施設でしたが、丁寧な説明があり、ヒジョーに内容が充実していました。
水上石器時代住居跡」、「矢瀬遺跡」、そして前回の「深沢遺跡配石遺構」、
みなかみ町では4つ目の縄文遺跡を訪れたことになります。
まさに遺跡の宝庫♪
「梨の木平敷石住居跡」、オススメです。



以前の記事はこちらから。
深沢遺跡配石遺構。[利根郡みなかみ町]

【梨の木平敷石住居跡】
@群馬県利根郡みなかみ町月夜野

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する