FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

山居倉庫。[山形県酒田市]

山形県酒田市です。
山居倉庫」にやって参りました★



山居倉庫。[山形県酒田市]

山居倉庫は、1893年(明治26年)に建てられたお米の貯蔵庫です。
現在も現役で活躍中!

黒い壁と欅の緑が印象的ですねー。


=== 案内板より ===
欅並木
この欅は、日本海からの強風(西風)と夏の直射日光(西日)をさえぎり、
倉庫内の温度変化を少なくする目的で植えられたもので、
現在41本残っております。
云々。。。



山居倉庫。[山形県酒田市]

山居倉庫。[山形県酒田市]

===
二重屋根
土蔵と屋根の間に空間を作り、風通しをよくし、
土蔵内の温度を上げないようにした構造です。
云々。。。



山居倉庫。[山形県酒田市]

===
三居稲荷神社
この稲荷神社は、明治26年倉庫をこの地に建設するとき、
旧藩主酒井家の太郎稲荷および徳川家の禎祥稲荷の二柱を勧請して
従来から鎮座せる、山居稲荷神社に合祀して、三居稲荷神社と改名し、
倉庫鎮守の神としております。
云々。。。



山居倉庫。[山形県酒田市]


山居倉庫。[山形県酒田市]


山居倉庫。[山形県酒田市]


山居倉庫。[山形県酒田市]


山居倉庫。[山形県酒田市]


山居倉庫。[山形県酒田市]


山居倉庫。[山形県酒田市]

===
小鵜飼船
小鵜飼船は最上川舟運において物資の輸送をするために作られた船です。
慶長6(1601)年に山形藩主となった最上義光は、難所の開削や河岸の設置によって
最上川舟運の整備を図りました。
最上川本流に就航する250俵積み4人乗りの「艜船」に対し、
この小鵜飼船は支流や船着場間の近距離輸送に使われ、積載量は50俵程度でした。
最上川の上流松川(現在の米沢市の流域)に小鵜飼船が登場した時代は
元禄年間といわれています。
長さは約13~15メートル、幅は約2メートルで、前方に帆をかけて風を利用し、
舳先がとがった流線型をしているためスピードもあり、
川幅の狭い支流では重宝がられました。
上り船では、塩、砂糖、海産物、木綿、茶など、
下り船では米、紅花、青苧、大豆などが運ばれました。
上りには2週間程度、下りは4~5日かかったと伝えられています。
この船は、最上川・川船保存会の熱意により制作(舟大工 大石田町木村成雄氏)され、
往年の船運で活躍して当時をしのび、この地に展示したものです。
云々。。。



山居倉庫。[山形県酒田市]


山居倉庫。[山形県酒田市]

初めて訪れた「山居倉庫」。
港町の文化に感動した今日であります。。。



以前の記事はこちらから。
史跡 近世念珠関址。[山形県鶴岡市]

【山居倉庫】
山形県酒田市山居町1丁目

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
山居倉庫、未だ現役とは驚きました
真っ黒な外観は印象に残りますね
興味深いです^^
2019/11/08(金) 10:01 | URL | reina #mQop/nM.[ 編集]
reina さま★
こんにちは。
そんなんです、現役で働いている倉庫なんです^^
初めて行きましたけど、迫力ありましたー★
2019/11/08(金) 10:28 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する