FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

やって参りました、新潟県南魚沼市。
以前より、ず~とチェックしていたこの場所へ♪



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

坂戸山の麓、銭淵公園の一画にある小さな資料館。
直江兼続公伝世館」でありますー。

さっそくー★



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
「坂戸城絵図 江戸時代」。


=== 案内板より ===
国指定史跡 坂戸城跡
坂戸城跡は、坂戸山(標高634m、山麓との比高差約450m)と
その西麓に築かれた中世から近世初頭にかけての城跡である。
南北朝時代(14世紀中頃)、新田氏に替わって上杉氏が越後守護になると、
家臣の長尾氏(上田長尾氏)が勢力を伸ばし、やがて南魚沼地方
(上田庄)を治めるようになった。
16世紀初頭、越後国内が戦国の動乱期に入り、
坂戸城は長尾房長による本格的な築城が始まった。
天文19年(1550年)、長尾景虎(後の上杉謙信)が越後国主となるに及び、
翌年、政景(房長の子)は景虎と和睦を結び、臣従するに至った。
天正6年(1578年)謙信が急逝し、政景の子 景勝が御館の乱(1578~80年)を経て
越後国主になると、坂戸城は近隣武将の番城とされ、領国経営の要所となった。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
「坂戸城 パノラマ模型」。


慶長3年(1598年)、豊臣秀吉の命により景勝は会津に国替えとなり、
春日山城には越前から堀秀治が入った。
坂戸城には秀治の家臣 堀直竒が入ったが、
同15年(1610年)信濃国飯山に移され、坂戸城は廃城となった。

坂戸山山頂部と主要な尾根には、石垣をもつ実城をはじめ、
主水郭・大城・小城などの郭群が築かれている。
実城をやや下ると桃之木平という広い郭があり、兵糧などの貯蔵や
大勢の城兵が立て籠もる際に使われたと考えられる。
寺が鼻尾根には小さな円形の塚が数多く存在する(寺が鼻百塚)。
西麓には、城主館跡(通称 御館)・家臣屋敷跡・御居間屋敷跡がある。
城主館跡は1町(約110m)四方あり、周囲を土塁で囲み、
正面の土塁には高さ約2mの石垣が築かれている。
家臣屋敷跡は、城主館跡の前方一帯に広がり、
直竒が家臣たちをここに集住させた。御居間屋敷跡は御主館跡のすぐ南側、
薬師尾根の中腹にあり、直竒が築いたものである。
城主館跡・実城に残る石垣も直竒によるものである。
西麓部と山頂部・尾根上の郭群を結ぶ道としては、
桃之木平を通る城坂と呼ばれる沢伝いの道が使われた。
昭和54年(1979年)、典型的な中世山城の姿をとどめているとして、
国の史跡に指定された。
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
「坂戸城石垣」。

===
御館と石垣
坂戸城の石垣は自然石の野面積みと呼ばれる工法で積まれています。
■野面積み(のづらづみ)
城郭の石垣としては比較的初期の時代(鎌倉時代~戦国時代)に積まれたものが多く、
自然石をそのまま積み上げる方法である。
加工せずに積み上げただけなので石の形に統一性がなく、
石同士がかみ合っていない。そのため隙間や出っ張りができ、
敵に登られやすいという欠点があったが排水性に優れており頑丈である。
技術的に初期の石積法で、鎌倉時代末期に現れ、本格的に用いられたのは
16世紀の戦国時代のころです。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

坂戸城の石垣は景勝公が会津に国替え後に坂戸城に入った
堀直寄公時代のものと考えられていますが、穴澤文書によると
景勝公の祖父長尾房長公の時代(1512年)に坂戸城が本格築城され、
麓に館を作ったことが記されていますので、どちらの時代の石垣であるかは
特定できていません。
また、坂戸城跡は平成23年度~24年度にかけ石垣周辺の発掘調査を行い、
左右の石垣の間に門の跡と思われる跡が確認されています。
云々。。。



===
御館は、縦横約110m四方の館跡が確認されています。
石垣の高さは約2mあり、向かって左の石垣が長さ約58m、右は24m残っています。
もともと石垣は右も左も同じ長さであったと考えられていますが、
沢の浸食で分からなくなっています。
左右の石垣の間には大きな門があったと考えられています。
周囲は土塁に囲まれていましたが、南側の土塁は沢の浸食によって
原型がわからなくなっています。
御館の中は奥に小石垣(石は現在ない)と呼ばれ一段上がった斜面があり
その段には東西に仕切る大きな土塁が設けられているほか、
大小土塁や段がいくつもあり、この大きな屋敷内に上田長尾氏の中枢としての機能が
集まっていたところだったことがうかがえます。

平時はこの場所にいましたが、有事の際は山を駆け上がり、
実城や郭に詰めて戦ったと考えられています。
殿様は御館の南側の尾根の斜面にある
御居間屋敷と呼ばれる場所に居を構えていました。
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
坂戸城主長尾喜平次顕景(のちの上杉景勝)が叔父上杉謙信の養子となるにおよび、
家臣のうちより「人柄家側吟味之上」50人を選び直属の旗本とし「上田五十騎」と名付けた。
また、将来を担う若者たちの手明組、長柄組御守衆を編成、
これは「やがて越後を背負う」という喜平次の強い気概をしめすものであった。

天正3年正月、喜平次はこれら上田の精鋭を率いて
本城春日山へ堂々の入城をはたしている。
この中に青年樋口与六(のちの直江兼続)が加わっていたことは云うまでもない。
上田五十騎は、謙信没後における「お館の乱」織田信長の「越後侵攻」など
ふりかかる受難期に身を賭して活躍、
のち各地番城の城主や(横目)観察などに抜擢されるなど、
景勝政権の体現者として上杉家の統治に限りない貢献を成している。

展示の甲冑は、歴史に名をとどめた上田五十騎発祥の地を
郷土の誇りとして栄誉をたたえ語り継ぐため
昭和60年有志によって再現したなかの一部である。
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
上杉古文書
上杉謙信より長尾喜平次あて
上杉謙信の養子となった、坂戸城主長尾喜平次顕景に
上杉弾正小弼と名乗ることを許された書状



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
豊臣秀吉より上杉景勝あての会津への国替えを命じた書状
上杉家の会津への国替えについて、
武士、中間、奉公人などは一人残らず国替えをすること。
それを拒否する者がいたならば成敗せよ。
しかし、検地帳に載る百姓は一切連れて行ってはならない、と、厳命している。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
穴沢古文書
長尾房長より穴沢源左衛門尉あての手紙
坂戸築城のための普請の人夫を集めておくように。
詳細は金子尚綱が伝えると、穴沢源左衛門尉に命じた手紙。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
穴原古文書 お館の乱
上杉景勝より坂戸城将 登坂与右衛門尉 深沢刑部少輔 宛て
樺沢城及び小さな砦などは放棄して、
兵力を坂戸城に集めて心を合わせて決戦に臨むように命令した手紙。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
直江状
慶長5年(1600)上杉家の会津における軍備増強を恐れた徳川家康は、
兼次と親交のあつい豊光寺の増承兌を介す形をとって
軍備忠告と詰門のための門罪使を送った。
これに対して上杉家は、既に家康との決戦を決意し詰門に対し痛烈に反駁し
剛毅の気概を兼続によって答書した。
兼続の断固たる気骨、不屈の精神が絶賛され、
後に「直江状」と称され復書されて世間に広く流布した。
この直江状写もその一通とみられ、延宝9年(1681)森田某によって復書されたもので、
南魚沼市内の個人が所蔵する大変貴重な文書である。
直江状写 一巻 江戸時代 延宝9年(1681)個人蔵
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
「紀州本川中島合戦図屛風(複製)」。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
直江兼続所用
金小札浅葱威二枚胴具足(複製)
米沢市上杉神社所蔵
上杉家の執政直江兼続の所用と伝える具足です。
兜の前立には瑞雲(めでたい前兆に現れる雲のこと)に「愛」の一文字を添えています。
この「愛」は兼続が信仰した愛染明王又は愛宕権現を表したものとも
彼の愛民思想を具現化したものともいわれています。
この兜とともに、胴の毛引威と素懸脅の対比が絶妙のバランス美を醸し出しています。
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
上杉景勝所用
浅葱糸威黒皺韋包板物二枚胴具足(複製)
(財)宮坂考古館所蔵
上杉景勝所用と伝えられています。
胴の全体を黒皺韋(黒いしわのようなでこぼこの皮)で包むことにより、
重厚なイメージを漂わせています。
兜は黒塗六十二間の小星兜で、前立に一対の瑞鳥
(めでたい事の起る前兆として現れる鳥)を向き合わせ、
中央に日天のほか六軍神名を刻んだ小円板を載せています。
全体的に高級感にあふれ、凛とした気品に満ちています。
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]
「銭淵公園」。

===
国がえをしたばかりでしかも雪国ですので冬は何もできず、
上洛のひまがありません。
以前、そむく気はないとちかいの文を出したのに、むだにされてしまいました。
重ねて出す必要はありません。
景勝は律儀(義理がたくまじめのこと)で、そむく気持ちはまったくありませんが、
内府(家康のこと)が、告げ口する人の言葉を問いただしもせずにうのみにするなら、
いたしかたありません。
上方の武士はいろいろの道具をお持ちでしょうが、
いなかの武士が鉄砲や槍などを用意するのは、この地の習わしと思ってください。
道や橋を直しているのは、交通の便利を考えてのことで、越後にいた時もしてきました。
もし、むほんの気持ちがあったのなら、会津にせめてくる者たちに
つごうのよいようにするものがいましょうか。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

逆心(そむく心)をもっている者が平気で上洛し、徳川家と縁をむすんだり、
ねがえったりする者がいます。そんな世の中では、景勝の律儀は通らないでしょう。
告げ口をする者をそのまま信じる内府がはたして正しいかどうか、
世間の判断を待ちましょう。
そむく心は全くありませんが、それでも内府が事をかまえるなら、
もうちかいも約束もそれまでです。
内府へ言い開きをするように、とのことであるが、
うそのうったえがある時に上洛することはかえってすじが通りませんので、
べんかいをしないことにします。
「ふるさとが生んだ二人の英雄」より(南魚沼市教育委員会 発行)
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

===
将来を見つめる二人
長尾喜平次顕景は弘治元年(1555)坂戸城に、
樋口興六は永禄3年(1560)坂戸城下に生まれる。
永禄7年父政景の急死により喜平次は坂戸城主となり、興六はその小姓となる。
二人は、越後の足利学校と称される名刹雲洞庵で
名僧北高全祝・通天存達等に人生の基礎学問を学ぶ。
天正3年(1575)正月、上杉謙信の命により、二人は坂戸城の精鋭を率い春日山に入城、
喜平次は官名と改名の儀を受け上杉弾正少弼景勝となり、
ここに上杉謙信の後継者となる。
この像は、その春日山を目指し将来を見つめる二人の姿である。
平成21年(2009)NHK大河ドラマ「天地人」放映と翌22年(2010)直江兼次生誕450年、
翌々23年(2011)坂戸城築城500年を記念して建立したものである。
撰文 上田史談会
云々。。。



直江兼続公伝世館。[新潟県南魚沼市]

向こうにそびえる坂戸山を見る。
あの山頂に坂戸城の本丸がありました。
大きなお城だったんたろうなー、としみじみ。

「直江兼続公伝世館」はすごく良かったです。
小さな資料館ですが、展示されているものに興味シンシン、
「愛」の甲冑や「直江状」も拝見できて感動ー★

今回は伝世館だけでしたが、また来てみたいお城跡であります。



以前の記事はこちらから。
神指城跡。[福島県会津若松市]
以前の山形はこちらから。
うなぎ割烹 治郎兵衛。[山形県酒田市]
以前のお城はこちらから。
北新波砦史跡公園。[高崎市]

【直江兼続公伝世館】
@新潟県南魚沼市坂戸

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する