FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

渋川市です。
突然思い立ったように見たくなりましたっ。
あれからしばらく経つから展示内容も変わったかな?と。。。

「埋蔵文化財調査センター 発掘情報館」にやって参りました。
そう、「甲(よろい)を着た古墳人」さんに会いたくなって。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

=== 案内板より ===
金井東裏遺跡のあるところ
金井東裏遺跡は榛名山北東麓の扇状地扇端部にあり、
古墳時代の2回の大噴火によって埋まった遺跡です。
噴火は現在の二ツ岳の位置で起こったもので遺跡から8kmの近距離にあります。
二ツ岳は、2回目の噴火の時にできた溶岩ドームなので、
古墳人たちは見ていませんでした。
扇状地の東端は吾妻川に削られた、高さ20mほどの崖になっています。
遺跡から西側にある榛名山の峰々は近すぎて見えません。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
「甲(よろい)を着た古墳人」の発見
「甲を着た古墳人」は、平成24(2012)年11月19日に発見されました。
発見の一報で、関係者が現地に集まり、
古墳人が甲を着たまま火砕流により亡くなっていることを確認しました。
このような発見例は日本で初めてのことで、
世界的に見ても貴重なものであることは言うまでもありません。
すぐに甲の破片を事業団に持ち帰り、X線写真撮影をした結果、
小札甲(こざねよろい)であることがわかりました。
云々。。。


===
「甲(よろい)を着た古墳人」と3人の被災者
「甲を着た古墳人」(1号人骨)は自然流路の可能性がある
31号溝から発見されました。
「首飾りの古墳人」(3号人骨)は、「甲を着た古墳人」の西側17mのところ、
道が溝を横断する地点で頭を北東方向にして倒れていました。
乳幼児(2号人骨)は、「甲を着た古墳人」の東側2mの31号溝中に
頭蓋骨の一部だけ確認されました。
5歳児(4号人骨)は、「甲を着た古墳人」の北西27mの平らなところで
頭を南東方向に向けて、両手足を大の字に広げてうつ伏せに倒れていました。
人骨の観察と調査・分析は、
九州大学アジア埋蔵文化財センターの研究グループに依頼しました。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

=== 案内板より ===
①「甲(よろい)を着た古墳人」
身長164cmの40代の男性です。出土した状況から、
膝立ちの状態で上半身が前方左側へ倒れ込んだと考えられています。
頭蓋骨の形質分析と歯根のストロンチウム同位体比分析から、
近畿から北九州古墳人の渡来系統で、
西からの移住者である可能性が示されました。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

甲を着て冑(かぶと)を持ち、もう1つの甲と鹿角製の胸当、
銀と鹿角の飾りのついた鉾(ほこ)、鹿角の飾りをつけた鉄鏃を所有することから、
リーダー的な存在でマツリに関係する人物であった可能性が高いのです。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
②「首飾りの古墳人」
身長143.8cmの30代の女性です。
出土状況からすると、右手を顔面の前にだして顔をかばうようにした状態で、
左足を軸に体を捩じるように倒れたと推定されています。
頭蓋骨の形質分析と、歯根のストロンチウム同位体比分析から、
従来の関東から東北の古墳人の系統ですが、
西からの移住者である可能性が示されました。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]
埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

首に約70個のガラス玉と12個の菅玉の首飾りをつけていました。
左腰に臼玉21個を入れた小袋を提げていたとみられています。
筋付着部の発達から肉体労働に従事していたことが想定され、
寛骨に妊娠出産痕がみられたことから、出産経験があるようです。
臼玉を入れた袋は日常的に提げていたのか、
あるいは何かマツリをするために用意したのか興味深いところです。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
持ち運ばれていた2号甲
甲を着た古墳人から1mほど離れて発見されたのが2号甲です。
左側半分が巻かれて横倒しになっていました。
1号甲と同じ小札甲で、950枚ほどの小札で構成されています。
縅(おどし)と横綴じ(よことじ)はいずれも革紐を使用しています。
1号甲に比べると美観が劣るようにみえますが、
大型古墳の出土品と比べても見劣りするものではありません。
2号甲は国内初の発見となった鹿角製小札とともに、
何らかの理由でこの場所まで運ばれていたことになります。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]
埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
鹿骨製小札
「甲を着た古墳人」といっしょに見つかった「2号甲」の調査を進める中で、
この甲にくるまれるように、鹿の骨を加工して作られた小札が
たくさん見つかりました。
何枚もの小札が、つながれた形そのままに残っていたのです。
甲は鉄の小札をひもでつなぎ合わせて作られていますが、
この鹿角製小札も、同じような構造が想定され、
甲の付属品として作られたものではないかと考えられます。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]
埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
馬を引く足跡と蹄跡
金井東裏遺跡では、馬の蹄跡と人の足跡が並んでいるところが2か所見つかりました。
これは人が馬を引いて歩いている状況と考えられることから、
金井東裏ムラでは馬を飼っていて、
火山被害から一緒に非難していたことがわかりました。
馬単独の蹄跡もたくさんみつかっていますが、
それらは馬単独の歩行なのか、人が乗馬しているのかは確認できません。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]
埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]
埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
金色の馬具の出土
火砕流堆積物の中から、鉄の地板の上に、銅板を貼り、その上に金メッキを施した
剣菱形杏葉(けんびしがたぎょうよう)と呼ばれる装飾馬具が出土しました。
発見されたときには青緑の錆に覆われていましたが、
当時は金色に光り輝いていたでしょう。
このような馬具で飾った馬は上位階層の人物しか持てないものなので、
そのような有力者が近くにいたことが想定されます。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
「赤玉」を作っていた
1号掘立柱建物から赤い土団子が120個も出土しました。
この「赤玉(あかだま)」は、直径6.5~8cm、重さ240~380gで、球形をしています。
建物内に3段に積み上げられていました。
「赤玉」は未焼製で、分析の結果、県内の古墳の石室などに塗られていた
赤色顔料と成分が類似していることがわかりました。
赤玉は、県内でいくつか出土例があります。
云々。。。



埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]
埋蔵文化財調査センター 発掘情報館。[渋川市]

===
神保下條2号墳の復元模型
この模型は、高崎市吉井町の多胡古墳群中の
神保下條2号墳の調査の成果に基づいて1/10で復元したものです。
身長160cmの男性と古墳の大きさを比較してみてください。
古墳は古墳時代後期(6世紀後半)に造られた直径10mほどの円墳で、
横穴式石室が見つかっています。
古墳の表面は近くの川から集められた結晶片岩という種類の石で覆われ、
中段には円筒埴輪・朝顔形埴輪が並べられ、
石室入口の左手には人物埴輪と馬形埴輪がありました。
また、古墳の上面には家形埴輪を中心として、
大刀や盾などをかたどった器材埴輪と円筒埴輪・朝顔形埴輪が
二重に立て並べられていました。
云々。。。


いやいやいやいや~、凄まじい情報量です!
いつ来てもホント勉強になります~。
金井東裏遺跡付近では発掘調査が続けられているようですし、
これからもまた楽しみだなー♪



以前の記事はこちらから。
甲(よろい)を着た古墳人。[渋川市*埋蔵文化財調査センター]
金井東裏遺跡に来たっ。[渋川市]

【群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館】
@群馬県渋川市北橘町下箱田

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する