FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

大鶴巻古墳。[高崎市]

高崎市倉賀野町にある「大鶴巻古墳」にやって参りました。



大鶴巻古墳。[高崎市]

とても綺麗な形をしています。



大鶴巻古墳。[高崎市]
前方部の裾から、くびれ部を見る。



大鶴巻古墳。[高崎市]

川原石がごろごろと、あちこちにあります。



大鶴巻古墳。[高崎市]
前方部より後円部を見る。



大鶴巻古墳。[高崎市]
後円部より前方部を見る。


=== 案内板より ===
大鶴巻古墳
この古墳は、烏川左岸の段丘上に築かれた全長123mの前方後円墳で
平坦地に土を二段に盛り上げてつくられています。
ただし後円部の墳頂下5mのあたりで
等高線の間隔がゆるやかになる部分が見られることから
三段築成の可能性もあります。



大鶴巻古墳。[高崎市]
後円部、墳頂。


大鶴巻古墳は、後方部と比較して前方部が狭く未発達な特徴を持ち、
後円部の径が72m、高さ10.5mであるのに対し、前方部の長さ51m、前端幅54m、
高さ6.5mと、後方部に比較して前方部の幅が狭く、未発達という特徴を持っています。
墳丘のまわりには楯型の周掘をめぐらし、
地割にその痕跡が残るなどよく原形をとどめています。
墳丘の表面には埴輪片や葺石として用いられた川原石が認められます。



大鶴巻古墳。[高崎市]

主体部は明らかにされていませんが、竪穴系の埋葬施設があったと考えられ、
墳丘・周堀りの形状や採集された埴輪の特徴から
4世紀末から5世紀初頭にかけてつくられた ことが推測されます。
云々。。。



大鶴巻古墳。[高崎市]

草刈りが行き届いていて、
綺麗な曲線か良く見て取れました!
職員の方、ご苦労様です♪

近くに「小鶴巻古墳」もありますから、
そちらへも参りましょう。



以前の古墳はこちらから。
藤本観音山古墳。June. 2019 [足利市]

【大鶴巻古墳】
@群馬県高崎市倉賀野町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する