FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

北谷遺跡。[高崎市]

高崎市です。
三ツ寺Ⅰ遺跡に続いてやって参りました、
北谷遺跡」です。

左側のエリアがそうです。道路より、ずいぶん高くなってますね。



北谷遺跡。[高崎市]

=== 案内板より ===
国指定遺跡 北谷遺跡
北谷遺跡は、5世紀末に築造された、
わが国を代表する古墳時代の豪族居館跡である。
榛名山東南麓の湧水地帯に立地し、弁天谷と染谷川に挟まれた台地を
大規模に加工して構築された。



北谷遺跡。[高崎市]

館の本体は一辺90mの方形で、
上面は盛土により1m以上高く仕上げられていた。
外縁の斜面には石積みが施され、各所に張り出しがもうけられている。
内部の発掘は今後の課題だが、
一辺12mの巨大な竪穴建物跡があることがわかっている。
本体の周りには、幅30m、深さ3mもの壕が巡らされており、
堤や堰などで水位を調整し、 水を貯えていたらしい。



北谷遺跡。[高崎市]

さらに西壕の北西の外側には、幅20mの土手(外堤)も存在した。
本遺跡から南西3kmには、日本で初めて発見された豪族居館跡として著名な
三ツ寺Ⅰ遺跡(5世紀後半築造)がある。
北谷遺跡と三ツ寺Ⅰ遺跡は、規模と構造が類似し、時期も近いことから、
同一の基本設計に拠ったと考えられる。
したがって北谷遺跡にも、三ツ寺Ⅰ遺跡と同様に、祭殿とみられる大型建物や、
水を用いる祭祀施設があった可能性が高い。



北谷遺跡。[高崎市]

北谷遺跡は、榛名山麓の河川や湧水を掌握し、
水利支配を軸として農業経営を行った 有力豪族の住まいであり、
地域の祭祀拠点でもあったと考えられる。
三ツ寺Ⅰ遺跡とともに、わが国の古墳時代を代表する豪族居館遺跡であり、
その歴史的価値はきわめて高い。
云々。。。


前回の「三ツ寺Ⅰ遺跡」と同じく、豪族居館跡です。
ほぼほぼ近くにありますし、兄弟みたいな関係でしょうか?
ヒジョーに興味ある古墳と豪族居館跡。
来て見てヨカッタ♪



以前の記事はこちらから。
三ツ寺Ⅰ遺跡。[高崎市]

【北谷遺跡】
@群馬県高崎市引間町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する