FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

三ツ寺Ⅰ遺跡。[高崎市]

高崎市です。
上越新幹線が走る高架下。

ここに1枚の立て看板があります。
ただの看板ではありません。
この看板に書かれている案内こそっ、
わが国を代表する、古墳時代の豪族居館跡、
三ツ寺Ⅰ遺跡」なのだー、って、



三ツ寺Ⅰ遺跡。[高崎市]

これ。

ナニゲに古そうだ。。。
文字もかすれてるし。。。



三ツ寺Ⅰ遺跡。[高崎市]

=== 案内板より ===
古代豪族の大居館 三ツ寺Ⅰ遺跡
三ツ寺Ⅰ遺跡は、古墳時代(1500年前)に榛名山の東南麓を治めた豪族の館跡で
我国で初めて発見されました。
西暦5世紀後半に築かれ、6世紀前半には廃棄されています。
館は、石垣と3重の柵で囲まれた一辺36mの正方形を成し、
いくつもの張り出しが 造り付けられています。
館内部には大きな建物・井戸・祭りの場とみられる石敷の施設・竪穴住居があり、
豪族の居住・政治・祭りとともに金属の精錬も行われました。



三ツ寺Ⅰ遺跡。[高崎市]

館の周囲には、河川を改修して造った幅30m・深さ3.5mの堀が巡っています。
堀には入口である木製橋や外部から水を引く水道橋が架かっていました。
発掘されたのは一部分ですが、規模・構造や当時の土木技術を知る上で、
きわめて学術的価値の高い跡です。
周辺には、豪族の墓である保渡田古墳群をはじめ、
庶民の村々・水田・畑の遺跡が存在し、
豪族をとりまく社会がわかる点でも、重要な地域となっています。
云々。。。


世紀の大発見?的な遺跡なのに、
案内板だけじゃ、ちょっとさみしい気がしますネ。
それでも来て見れてヨカッター★



以前の記事はこちらから。
梅木遺跡。[前橋市]

【三ツ寺Ⅰ遺跡】
@群馬県高崎市井出町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する