FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

高崎市にある「八幡塚古墳」です。
保渡田古墳群の中の1つ。


=== 案内板より ===
史跡保渡田古墳群 八幡塚古墳
国指定史跡 保渡田古墳群とは
榛名山東南の麓、群馬県群馬町保渡田・井出にある3つの前方後円墳の総称。
いずれも墳丘の長さ100m級の大型古墳である。5世紀後半に、
二子山古墳→八幡塚古墳→薬師塚古墳の順で相次いで造られ、
この地に有力な豪族がいたことを示している。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
整備前の八幡塚古墳 昭和55年頃 南西より


保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
整備が進む八幡塚古墳 平成9年 北東より


保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
整備が進んだ八幡塚古墳 平成11年3月

八幡塚古墳の復元整備
かつて、この古墳は大きく削られていた。
そのため史跡公園の全体計画にあたり、この古墳に限って、
造られた時の姿に復元し、活用することが決定された。
5カ年らわたる発掘調査結果を基に、古墳に保存用の土を厚く盛って、
築造時の姿に復元整備した。
云々。。。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

今から1500年前につくられた八幡塚古墳
八幡塚古墳は、南東1kmにある三ツ寺Ⅰ遺跡(巨大な館)に住み、
榛名山東南麓・井野川流域を治めた豪族の墓である。
当時、群馬県地域(上毛野・かみつけの)は国内でも有力な地域であった。
八幡塚古墳の被葬者は、古墳の充実度からみて、
この頃、上毛野各地に勢力を持った豪族達の中でも
代表的な人物であったと考えられる。


保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

■規模・構造
墳丘は全長96mで3段に造られ、斜面は葺石で飾られる。
周囲には、内堀・外堀・外周溝が巡り、それらの間には内堤・外堤が設けられる。
墓域の長さは約190mに及ぶ。内堀の中には4つの島(中島)があり、
この古墳の特徴となっている。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市] 保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市] 保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
発掘された配列区(右)

保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

■埴輪の充実
この古墳には、たくさんの埴輪が並べられていた。
外界との垣根である円筒埴輪は、幾重にも列をなして並べられ、
そり数6000本と推定される。
内堤上の2カ所には人物・動物埴輪を置く区画(A区・B区)があり、
各々50体以上が並んでいたと考えられる。
これは、1つの古墳では最多級の量で、かつ配列状態もわかる重要な資料である。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

■埋葬施設
遺体を納めた施設は、後円頂部に2カ所存在した。
後円部の中心には舟形石棺が据えられた。古墳を築いた豪族本人の棺であろう。
その脇には竪穴式石槨(木棺を石で囲んだもの)も発見された。
近親者の埋葬施設であろう。
云々。。。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

===
墳丘と葺石
墳丘は、堀を掘った土と近くから集めた土を盛り上げ、たたき締めて築かれた。
斜面には、榛名山東南麓の川から採取した石により「葺石」が施される。
上段・中段の葺石は、やや石の密度が高い状態で施工され、
下段の葺石は間隔をあけて省略していた。葺石のなかに見える縦の石列は、
1人ないし1班の作業単位(工区)だと考えられる。
各段の平坦面のうち中段平坦面には、玉石が敷かれていた。
云々。。。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
前方部から後円部を見る。


保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
後円部から前方部を見る。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]
保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

===
舟形石棺はどこにもあるの?
棺の種類や埋設方法は様々だが、力のある豪族ほど手の込んだ棺を用いている。
舟形石棺は、ヤマトの大豪族が使った長持形石棺に次ぐ格式の棺である。
北部九州や吉備(岡山県)、越前(福井県東部)、上毛野(群馬県)等に偏って分布し、
ヤマトに次ぐ有力な地域の豪族が用いた棺といえるだろう。
云々。。。



保渡田古墳群 八幡塚古墳。[高崎市]

===
何人が埋葬されたのか?
この石棺は盗掘されていたため棺内の埋葬人数は分からない。
石棺のうしろ(南)にはこれよりあとに作られたもう1つの埋葬施設
(木棺を石で囲った竪穴式の石槨)があった。
したがってこの古墳には2人以上が埋葬されたわけだが、石棺が中心人物のもので、
石槨はその近親者を葬ったものだろう。
云々。。。


なんと8年ぶりに訪れた「八幡塚古墳」。
正直また来るとは思わなかったのですが。。。

それにしても興味深い。。。



以前の記事はこちらから。
上毛野 kamitsukeno はにわの里公園へ参る。。。♪ その1 八幡塚古墳 [高崎市]
宝塔山古墳。[前橋市]



【八幡塚古墳】
@群馬県高崎市保渡田町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する