FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

宝塔山古墳。[前橋市]

住宅の後ろに見えるのが「宝塔山古墳」です。
蛇穴山古墳のすぐお隣。



宝塔山古墳。[前橋市]

=== 案内板より ===
宝塔山古墳推定復原図
この古墳は7世紀中頃に造られた方墳で、3段に築かれたと推定されます。
南面の中腹に開いている横穴式石室は、
石をていねいに加工して組み合わせたものです。
その内部には、仏教の影響を受けたとみられる削りこみをもつ家形石棺があります。
また古墳の頂上部には総社領主秋元長朝をはじめ歴代の墓地があります。
云々。。。



宝塔山古墳。[前橋市]

ささ、参りましょう。


宝塔山古墳。[前橋市]

墳頂部にある「秋元氏歴代墓地」。

===
秋元氏歴代墓地
秋元氏は、慶長6(1601)年関ヶ原の戦功によって総社領6千石(のち1万石)を与えられ、
長朝・泰朝の2代に渡って寛永10(1633)年まで約30年間この地を治め、善政を施した。



宝塔山古墳。[前橋市]
秋元長朝によって造られた天狗岩用水

総社領における秋元氏の主な事績は、総社城の築城と城下町の形成、
天狗岩用水の開さくと新田の開発であった。
秋元氏は、寛永10(1633)年、甲州(山梨県)都留郡谷村へ1万8千石で所替えとなる。
以後、川越、山形、館林と転封を重ねる間、幕府の要職につき、
明治維新をむかえることとなる。



宝塔山古墳。[前橋市]

秋元氏は転封後も悪政に苦しむ総社領民の支援を行い、
農民も「力田遺愛碑」を建てるなどして、旧領主秋元氏への感謝の念を忘れなかった。
長朝の法名は江月院殿臣岳元誉大居士、
泰朝の法名は照尊院殿道鉄泰安大居士である。
云々。。。


で、
秋元氏の歴代墓地を拝見できたのは良かったのですが、
肝心の石室を見ずに撤収してしまったのは最大の不覚(汗、、、



以前の古墳はこちらから。
蛇穴山古墳。[前橋市]

【宝塔山古墳】
@群馬県前橋市総社町総社

コメント
この記事へのコメント
宝塔山古墳の石室は行かなかったのですか?群馬県内に類例がほとんどない、前室という構造があります。
2019/06/12(水) 18:24 | URL | 上州の人 #kUr9nKys[ 編集]
上州の人 さま☆
まさかの石室をスルーしてしまいました(涙、、、
次回、出直さなければ。。。

2019/06/13(木) 05:40 | URL | BECCAN #-[ 編集]
そういえば、愛宕山古墳には行かなかったのですか?
2019/06/13(木) 18:37 | URL | 上州の人 #kUr9nKys[ 編集]
上州の人 さま☆
そうなんですっ(汗、、、
宝塔山古墳の石室と愛宕山古墳は、
次回へ繰り越しです(涙

2019/06/14(金) 06:01 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する