FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

太田市です。
道路を挟んで2つの古墳があります。
二ツ山古墳」。

こちらは1号墳です。


二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

=== 案内板より ===
二ツ山古墳1号墳
二ツ山古墳1号墳は、この地域に所在した古墳群中の1つで、
南東に隣接する2号墳と共に、前方後円墳である。
かつては周辺にいくつかの円墳が見られたが、現在は残っていない。



二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

この古墳は、主軸を北西から南東にとり、全長74メートル、高さ6メートルで、
2段に構築され、周囲には掘跡が認められる。
墳丘はよく原型を保ち、下段の平坦部には二重にめぐらされた円筒埴輪列のほか、
人物・馬などの埴輪列があり、墳頂部からは家形埴輪が出土した。



二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

石室は、明治21年(1888年)に発掘され、南南西に開口している横穴式石室である。
奥行は約7メートル、高さ約1.8メートルから2.1メートル、奥壁は1石、
側壁は下部に大型の石を並べ、上に行くに従い徐々に小さくなる傾向がある。
石室内からの出土品は、刀剣類、馬具等があり、
東京国立博物館に保管されている。
この古墳の特徴としては、円筒埴輪の配列により、
前庭状の施設が設けられている点が挙げられる。



二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]
二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

築造年代は古墳文化が終末期に入ろうとする6世紀後半から
7世紀の初め考えられている。
その規模から、二ツ山古墳群の中枢をなしていたものと思われる。
また南方の寺井廃寺、新田郡衙との関係を考える上で貴重な古墳である。
云々。。。


【二ツ山古墳1号墳】
@群馬県太田市新田天良町





二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

そして、こちらは2号墳です。


===
二ツ山古墳2号墳
二ツ山古墳2号墳は、北西に隣接する1号墳と共に、
この付近の代表的な古墳である。



二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

墳丘は、主軸を東西にとる2段築造の前方後円墳であり、周囲に掘跡が認められる。
墳丘規模は、全長45メートルで、後円部の幅32メートル、高さ6メートル、
前方部の幅22メートル、高さ3メートル、掘幅は10メートルと推定されている。



二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

墳丘は川原石の葺石で被われ、円筒埴輪、人物埴輪が確認されている。
主体部は、自然石乱石積みの横穴式石室で後円部南側に開口している。
現状で奥行7メートル、羨道幅1メートル、玄室幅2.8メートル、高さ1.95メートルである。



二ツ山古墳1号墳と2号墳。[太田市]

築造年代は、6世紀後半から7世紀初めと考えられている。
1号墳と共に、終末期の前方後円墳であり、南方の寺井廃寺、
新田郡衙との関係を考える上で貴重な古墳である。
云々。。。



以前の古墳はこちらから。
鶴山古墳。[太田市]

【二ツ山古墳2号墳】
@群馬県太田市新田天良町

コメント
この記事へのコメント
東毛地域最後の前方後円墳です。
この古墳の北西に見える唐沢山の南面にはおよそ200基の古墳で構成される、通称、『上強戸古墳群』があります。
2019/05/16(木) 19:29 | URL | 上州の人 #kUr9nKys[ 編集]
上州の人 さま★
上強戸古墳群200基ですか!?すごい数の古墳が集中しているんですね。
行ってみたい。。。

2019/05/17(金) 05:55 | URL | BECCAN #-[ 編集]
上強戸古墳群は3つの古墳群と9つの支群で構成される古墳群の総称です。
~古墳群~
北金井古墳群
上強戸古墳群
吉沢古墳群
~支群~
菅塩支群(5)
西山支群(57)
御嶽山支群(104)
八幡澤支群(13)
高坪支群(73)
東山支群(36)
梅穴支群(3)
大平支群(4)
向山支群(81)
※()内の数字は所属する古墳数
2019/05/17(金) 20:19 | URL | 上州の人 #kUr9nKys[ 編集]
上州の人 さま★
すごいっ(汗、、、
2019/05/19(日) 05:30 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する