FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

観音塚古墳。[高崎市]

高崎にあります「観音塚古墳」です。


観音塚古墳。[高崎市]

巨石を用いた非常に大きな石室と、
多数の副葬品が出土したことで有名な古墳です。


観音塚古墳。[高崎市]

住宅街の中にあるので、
ちょっと離れて見ても、全景が収まりません。
大きな古墳ですねー。


=== 案内板より ===
国指定史跡 観音塚古墳
本古墳は、高崎市街地西方の八幡丘陵に所在する大型前方後円墳である。
墳丘長は現状105mで、周囲に堀を巡らす。
6世紀末~7世紀の築造で、前方部の幅や高さが後円部を凌ぐのは、
前方後円墳終末期の特徴である。


観音塚古墳。[高崎市]

観音塚古墳。[高崎市]

後円部南に開く両袖式の横穴式石室は、全長15.3m、玄室長7.1m、
同幅3.4m、同高2.8mを測り、最大で10畳大の巨石を見事に組み上げた、
日本を代表する巨石石室である。
石材は北方を流れる烏川の上流から運搬したとみられる。


観音塚古墳。[高崎市]

観音塚古墳。[高崎市]

1945(昭和20)年、防空壕の掘削で多量の副葬品が出土し、
一括して国重要文化財に指定されている。
(指定名称:上野国八幡観音塚古墳出土品・昭和36年2月17日指定)。
銅製容器、鏡、装身具、武器、武具、馬具、須恵器など30種約300点あまりを数え、
なかでも銅承台付蓋椀や刀装具、透彫のある杏葉(馬具の一部)などは、
日本の後期古墳出土品のなかでも名品として知られる。


観音塚古墳。[高崎市]

八幡台地においては、平塚古墳(105m、5世紀後半)→
八幡二子塚古墳(66m、6世紀前半)→観音塚古墳と、
三代にわたる前方後円墳が確認できる。
また、北方の剣崎長瀞西遺跡(5世紀後半)では
朝鮮半島系渡来人の実在を示す資料が出土している。
八幡台地を拠点にして、古代碓氷・片岡郡域に勢力を張り、
渡来人を配下に編成して地域経営を行った東国有数の首長像が推定できよう。

なお、出土品は観音塚考古資料館に収蔵・展示されている。
云々。。。


観音塚古墳。[高崎市]

こちらは石室入口です★


観音塚古墳。[高崎市]

右、


観音塚古墳。[高崎市]

左、


観音塚古墳。[高崎市]

上、


観音塚古墳。[高崎市]

正面、玄室。


観音塚古墳。[高崎市]

天井。

天井に使われている巨大な石は、なんと60トンもある
大きなものだとか。
群馬の石舞台とも言われているそう。

しかし、こんなに大きな石って、人の力で運べるものなのかな?
木製のソリで運んだらしいですけど、ホントかなぁ?
ナニゲに疑り深い今日この頃であります。。。(笑



以前の古墳はこちらから。
八幡山古墳。[前橋市]
以前の高崎市はこちらから。
ダイナマイト発祥の地の碑。[高崎市]

【観音塚古墳】
@群馬県高崎市八幡町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する