FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

上田原古戦場。[上田市*石久摩神社]

長野県上田市の「石久摩神社」です。
こちら北側の「鳥居」。


上田原古戦場。[上田市*石久摩神社]

参道です。
東側にも鳥居がありますが、
そちらは昭和14年に建てられたもののようです。

↓北の大鳥居の側にある石碑より。


=== 案内碑より ===
上田原合戦前後
天文12年9月 武田晴信(信玄)佐久郡に侵略
15年5月 武田晴信佐久郡内山城を攻めとる
16年8月 佐久郡浅間山麓小田井原で武田軍 関東管領上杉憲政の軍を破る
文16年8月 武田晴信 佐久郡志賀城を攻めとる
17年2月1日 武田晴信甲府を出陣
文16年2月14日 村上義清と武田晴信上田原で激戦 晴信惨敗の憂きめに遭う
同文16年2月14日 武田軍の将 板垣信方 甘利虎泰ら討死
同文16年2月14日 村上軍の将 屋代源五、小島権兵衛 雨宮刑部ら討死
文16年3月5日 武田晴信 諏訪郡上原城へ退く
文16年4月 村上義清佐久に侵入諸城攻めとる
文16年7月 武田晴信筑摩郡塩尻峠で小笠原長時(信濃国守)の軍を破る
文16年8月より 9月までに晴信佐久諸城を取り返す
19年9月 武田晴信 村上義清の前線基地砥石城を攻めたが大打撃を受け撤退
20年5月 武田軍の先鋒真田幸隆砥石城攻略
22年4月 葛尾城落城 村上義清越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼り落ち延びる
云々。。。


そうなんです!
この辺りは上田原合戦、
武田軍、村上軍の激戦が繰り広げられた地なのです!


上田原古戦場。[上田市*石久摩神社]

境内に建つ「上田原古戦場の碑」。

===
上田原合戦のあらまし
天文17年(1548)2月武田信玄は、大軍をひきいて、小県郡に攻め込んだ。
葛尾城主村上義清は、これをむかえ討ち、14日上田原で大いに戦った。
両軍に死傷が多く、とくに武田軍は、勇将板垣信方、甘利虎泰が戦死し、
信玄も負傷したが、村上軍でも、雨宮刑部、屋代源吾、小島権兵衛らの勇将を失い、
たがいに大打撃をうけた。
云々。。。


===
上田原合戦史
この戦は全信濃の征服をめざす希世の英雄、甲斐の武田信玄に対する
北信濃の勇将村上一族の命運をかけた抵抗であり、また川中島合戦の
前哨戦でもあった。
村上、武田両軍合わせて17000人の将兵は上田原地域を中心に死闘を展開し、
討死者は約4000人或は6000人とも言われている。

石久摩神社より西北方に村上軍の陣、天白山、千曲川等が望まれ東南方には
武田軍の陣、倉升山、物見山等が見える。
村上義清が渡河して室賀峠へ向かったと言われる「石久摩渕」の断崖、
産川が南西に流れている。
また武田信玄が退陣の際通過したと言われる通称「信玄道」は
神社のすぐ西下を通っている。
合戦の関係のあった「旗塚」御陣ヶ原等も近い。その激戦での武将の墓も散在している。
これを末永く伝えるべく、この中心地石久摩神社境内に古戦場碑を建立した。
云々。。。


川中島の戦いの前哨戦という上田原合戦。
実は最近まで、この戦のこと知らなかった~(汗、、、
上田市の隣の坂城町には行ったことがあるので、
葛尾城や村上氏は聞いたことがあったのですが~(汗、、、

で、今回、来て見れて、ホントヨカッタ♪
しかし、信州、見所満載でありますー★

石久摩神社につづく~。。。



以前の記事はこちらから。
真田神社。August. 2018 [長野県上田市]

【石久摩神社】
@長野県上田市上田原

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する