FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

日光湯元源泉。[日光市]

近くにいた「ネコ」です。
どうやら機嫌を損ねてしまったようで。。。


日光湯元源泉。[日光市]

いくら呼んでも、振り向いてくれなくなってしまった(汗、、、
なんだよ~っ!って、マジでー。


日光湯元源泉。[日光市]

というわけですが、気を取り直して参りましょう♪
日光湯元源泉」であります。


日光湯元源泉。[日光市]

あちこちに小屋が建っていますが、
それぞれの旅館さんの源泉なのでしょうか?


日光湯元源泉。[日光市]

所々でプクプクと白濁したお湯が湧いています。
枯れた風景とも相まって、まさに地獄谷。。。


日光湯元源泉。[日光市]

日光湯元源泉。[日光市]

=== 案内板より ===
温泉源の由来
湯元温泉の発見については資料が乏しく定かではないが、
一説によると日光開山の祖と仰がれる勝道上人が延歴7年(788)
この温泉を発見、背後の山を温泉ヶ岳と名づけ、
その頂上に薬師瑠璃光如来を祀り、そこに湧出する温泉を
薬師湯(瑠璃湯)と名づけたといわれている。
云々。。。


日光湯元源泉。[日光市]

日光湯元源泉。[日光市]

で、こちらの湯元源泉に隣り合わせてあるのが、
湯ノ平湿原」です。
昔は湯ノ湖の一部だったという湿原であります。


===
湯ノ平湿原
■湯ノ湖のなごり
かつてこの周辺も湯ノ湖の一部でしたが、沢の流れによって運ばれた土砂が
湯元一帯に堆積し、湯ノ湖から切り離されました。
現在の湯ノ湖平湿原は温泉水のほか、周囲からの伏流水や湧水などによって、
水が供給されています。
云々。。。


おサルや鹿、コガモなどの動物たちも、良く訪れるのだそうです。
クマも出るんだろうなぁ。。。



以前の記事はこちらから。
コーヒーハウス YUKON。[日光市*中禅寺金谷ホテル]

【日光湯元源泉】
@栃木県日光市湯元

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する