FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

玉敷神社。[埼玉県加須市]

加須市にある「玉敷神社」にやって参りました。

鷲宮神社の後は、やはりこちらでしょうか。
「久伊豆神社」の総本社とも云われる神社さんです。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

「一之鳥居」をくぐると長い参道。
右手に案内板があります。


=== 案内板 ===
玉敷神社
平安時代初期に公布された「延喜式神名帳」にその名を載せる古社である。
当社に伝わる江戸中期の記録によれば、元は正能地区にあったが、
上杉謙信の関東出兵の際焼失した。
その後、一時根小屋の騎西城大手付近(現在の前玉神社)に移ったが、
城内でたびたび出火するため、類焼をおそれて、この地に遷座したという。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

当社は、かつて、久伊豆明神(ひさいずみょうじん)とも称し、
元荒川流域に数多く所在する久伊豆神社の本社的存在とも言われている。

社叢は地域内の社寺林等の核的存在であり、
当地方の、極相林を示すカシ・スダジイを中心とする林となっており、
数多くの動植物に恵まれている。
云々。。。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

「二之鳥居」。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

参道沿いにある「天神社」。
菅原の道真翁がお祀りされています。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

おぉー。
いよいよ社殿が見えて参りましたー★


玉敷神社。[埼玉県加須市]

「手水舎」。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

「三之鳥居」。


玉敷神社。[埼玉県加須市] 玉敷神社。[埼玉県加須市]
(写真はクリックで大きくなります。)

「狛犬」クン。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

そして、「拝殿」と、「本殿」、
なのですが。。。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

なんと、ただ今改修中。
平成の大改修の真っ最中で、
社殿の銅板屋根の葺き替えが行われていました。

う~ん、拝見できなくてちょっと残念。。。


玉敷神社。[埼玉県加須市]
「八坂社」。


=== もう1つの案内板より ===
玉敷神社
主祭神 大己貴命(別の御名 大国主神)
《御由緒》。当神社は第42代文武天皇の大宝3年(703)、東山道鎮撫使<多次比真人三宅磨>
により創建されたと伝えられ(一説に第13代成務天皇6年(136)、
武蔵国造<兄多毛比命>によるという)、平安時代第60代醍醐天皇の延長5年(927)
に公布された、律令の施行細則「延喜式」の神名帳にその名を載せる、
いわゆる延喜式内の由緒ある古社である。


玉敷神社。[埼玉県加須市] 玉敷神社。[埼玉県加須市]
「松尾社」と、
「名前の分からなかった神社さん。秋葉社かな?」。


以後、機多の歳月を経て戦国時代に至り、天正2年(1574)越後の上杉謙信が
当国に出兵の折り、当時正能村(現当町正能)に在った当神社は
その兵火にかかり炎上、古文書・社宝など悉く失われた。
従って、それ以前の神社の歴史は明らかではない。


玉敷神社。[埼玉県加須市] 玉敷神社。[埼玉県加須市] 玉敷神社。[埼玉県加須市]
「宮目神社」と苔むした「狛犬」クン。

江戸時代に入り、寛永4年(1627)の頃、騎西城主<大久保加賀守忠職>によって
現在の地に遷座、以来明治維新に至るまで、当神社は「勅願所玉敷神社久伊豆大明神」
と称されて、埼玉郡(現南北両埼玉郡)の総鎮守、また騎西領48箇村の総氏神として尊崇され、
厄除を始めとするその多くの御神徳は厚い信仰を集めていた。


玉敷神社。[埼玉県加須市] 玉敷神社。[埼玉県加須市]
「白山神社」、「稲荷社」。

この広範な領域に及んだ信仰は今日なお受け継がれ、200年以上の昔から伝わる
当神社独特の祓えの行事「お獅子様」を行う所は、当騎西町を中心とする県東北部の
23の市町村並びに群馬・茨城両県の一・二の町の大字小字の地区にまで広がっている。


玉敷神社。[埼玉県加須市]
「琴平社」、「神馬舎」。

また、当神社には300年を超える伝統を持ち、江戸神楽の原形を伝える国指定(平成20年)
重要無形民族文化財「玉敷神社神楽」が保存され、
年4回、祭礼の折りに素朴で優雅な舞を披露している。
云々。。。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

「神楽殿」。
こちらの神楽殿も16年ぶりとなる茅葺き屋根の葺き替えが
行われるようです。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

===
国指定重要無形民俗文化財
玉敷神社神楽
江戸神楽の源流をなすといわれる玉敷神社神楽。
素朴な中にも、雅な舞を伝える。
この神楽の発生は定かではないが、正保(1644~48)の元号を記した面や、
享保4年(1719)に神楽を奉納した記録がある。
また、古く当神社は正能地区に鎮座しており、その氏子が連綿と
神楽師をつとめている。
このことから、その成立は江戸時代初期まで遡るものであろう。
演目は番外を含め17座。題材は神話によるものや、演劇的な舞で構成される。
楽は笛・太鼓・羯鼓を用いる。
云々。。。


玉敷神社。[埼玉県加須市]

出雲系の神社とも云われる「玉敷神社」。
なかなか興味シンシンな神社さんであります。

また来よう、また来てみたい、玉敷神社。。。
ウムム。



以前の加須市はこちらから。
新川うどん店。[埼玉県加須市]

【玉敷神社】
@埼玉県加須市騎西

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する