FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

埼玉県羽生市です。
鷲宮神社」にやって参りました。
in 下君村。

こちらは東側にあった朱色をした「鳥居」。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

南側に回ると白い「鳥居」があり、
参道、社殿と、真っすぐの配置になります。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

参道、すぐ右手に「弁財天」。
側に藤棚があり、案内板がありました★


=== 案内板より ===
鷲宮神社と古藤の由来
鷲宮神社の御手洗の池に、市杵島姫命を祭る弁天社があります。
このお宮は、七福神の一人弁才天と付会され、人々から厚く崇拝されてきました。
池のほとりにある古藤は、弁天社の創建のころ植えたと伝えられ、
明治17年(1884)の記録に、数千年を経たもので風景すこぶる美観とあります。

鷲宮神社(横沼神社を合社)は、祭神を天穂日命といい、古墳の上に建てられました。
2142坪の境内地には、4個(他に1個出土している)の礎石があり、
社殿がたてられていたことを物語っています。
また、付近から鎌倉時代の屋根瓦の破片が出土しており、
社殿の修理か造営が行われたものと思われます。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

横沼神社は、彦狭島王の子御室別王の姫を祭ったもので、
樋遺川村の御室神社へ「お帰り」という里帰りの神事が、
明治の末期まで行われてきました。由緒の深い神社です。
ちなみに、村君の地名が文献に現れるのは、応永年間(1394~1427)で、
文明18年(1486)京都聖護院二十九代の住持を務めた道興准向が村君の里を訪れ、
たか世にか 浮れそめけん 朽はてぬ 其名もつらき むら君の里
とよんでおります。

荘厳な鷲宮神社や永明寺を拝し、古墳を訪ね、栄えていた村君の里をしのんで
歌われたものです。現在、藤は羽生市の花として市民に親しまれています。
云々。。。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

藤棚を過ぎ、左に境内社の「浅間神社」。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

そして正面に「鳥居」です。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

「拝殿」。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]
鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

「狛犬」クン。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

「本殿」。
覆屋は修理中~。


鷲宮神社。[埼玉県羽生市] 鷲宮神社。[埼玉県羽生市] 鷲宮神社。[埼玉県羽生市]

その他、「境内社」。。。

この辺には「鷲宮神社」という社号の神社さんが多いのですが、
みんな久喜市にある「鷲宮神社」の支社のようです。
こちらの神社さんもそうみたいです。

なかなか古い歴史が匂ってくるエリアですネ。
調べたら面白そう。



以前の記事はこちらから。
ORTON オルトン。[埼玉県羽生市]

【鷲宮神社】
@埼玉県羽生市下村君

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する