FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

4月29日日曜日。快晴。ぴか~っ。
車をとばし「石鴨天満宮」へ。
「石鴨天満宮」は梅田の上~の方にあります。
桐生で「天満宮さん」っていうと天神町の天満宮が
真っ先に頭に浮かぶと思うけれど
昔々は、ココ梅田の奥地にあったそうだでな。

桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士
小さな神社です。原生林の木立の間を源流が流れ
絶えず水音が響いているような環境。
雰囲気アリマス。
山の神様とか、トトロとか本気で棲んでいそうです。

今日は、この石鴨天満宮の春祭り。
ここで神楽太鼓奏者の石坂亥士さんが演奏を奉納するということです。

桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(2)
初めは厳かな神事。
神主さんが祝詞を唱えています。赤いお衣装が亥士さん。

桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(9)
神事が終わると鳥居の前で最初の演奏。
赤の鳥居。赤の亥士さん。新緑にけむるような木立。
集まった人々。映画のワンシーンのような美しさでした。

桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(3)

その後、神域で一番上の「若宮」という場所から
亥士さんが太鼓を鳴らしながら歩きます。
後に続くのは鈴などの「鳴り物」を手にした子供達。
その後に歩く大人らが続きます。
演奏しながらこの地に「良い気」を吹き込んでいるのでしょうか?
日本の神様は楽しい事が大好きだものネ。
太鼓の音や子供達の楽しげな様子に誘われて
神様もさぞや喜んでいるんじゃないかな♪たたたん♪シャンシャン♪
とっても牧歌的。平和な気持ちにさせられる。

桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(5)

桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(6)

桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(7)
境内で太鼓を叩く亥士さん。
カッコいいネ!!
前列にずらり並んだわんぱくキッズたちもおとなし~く聞いています。
大人が教えなくても「神聖な演奏」って云うのは
感覚で感じ取っているんでしょうか?地元の子らなのかな?
小さな神社にたくさんの人が集まっていました。
「途中で空気が変わった。あの風が吹くまでは(演奏を)
止めてはいけないんだ…って思った」
と、演奏後の亥士さんは言っていたけれど
「神様」と向き合って対話しながら演奏しているんですね。きっと。
普段からきっと感性を研ぎすましていなければできないことだね。
「神楽」太鼓というのは、ただ鳴らすだけの演奏とは違うんだね。。

この後、亥士さん&キッズたちは、歩いて演奏しながら
下(しも)の方へとおりてゆきました。
来て良かった。聴いて良かった。見て良かったよ。
こんな場面に立ち会うことができて良かったです。
☆このブログ(向かって右)からも亥士さんのブログに
トベますから、ご本人のブログも読むとさらによいでしょう☆

【オマケ1】
桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(8)
太田の木島工務店さん作の太鼓の台。
ブログにも何度か出ていただいている木島さんの作品をパシャ!

【オマケ2】
桐生市 石鴨天満宮in石坂亥士(10)
お祭りの世話を焼くおばあちゃんたちは
とっても気さくで親切。
近辺の方なんでしょうね。
「お水飲んできなぁ。赤飯もらったかい?
この水は、ここの水なんだよぉ。美味しいよ。」って。
「ありがとうゴザイマス。いただきまぁす。」
んぐ。。ゴクゴクゴク。。。あ☆ホント美味しい~。
ゴキュゴキュ。。。ぷは。
やわらかくまろやかなお水が喉を潤してくれました。
自然の中で飲むと更に美味しい。

【オマケ3】
お水をゴクゴク飲んでいると
「写真、たくさん撮れましたか?」
と話しかけてくれた女の子。
なんと、まぁ☆「BECCANのヘビーリーダー」と
おっしゃるぢゃぁないですか。。
はぢめて「読者」の人に会った私は
ものすごく嬉しかったデス♪


石鴨天満宮
コメント
この記事へのコメント
ファンです☆
良いお祭りでしたね!!
亥士さんの演奏は自然を感じました。
水や風の音と同じように、すーっと体に馴染むような響きでした。

私もお会いできてとっても嬉しかったです。
思ったとおり素敵な女性で、ますますファンになりました☆
vol.3も素晴らしい!!!
BECCANを読んでいると丁寧に生きたいって思います。
2007/05/02(水) 00:21 | URL | watertree #-[ 編集]
watertreeさま☆
たははは…。
画面の前で顔が赤くなってマス。。。
お褒めの言葉、ありがとうございます。
がんばりまっす。
また、お会いできますよう!!
2007/05/02(水) 09:41 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/408-57f03d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック