ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

久保田城跡。[秋田市]

「秋田城」に続いてやって参りました、
久保田城」です!
歴代佐竹氏の居城跡。
今は「千秋公園」として整備されています。

ここはお堀のとこの「大手門跡」。


久保田城跡。[秋田市]

=== 案内板より ===
千秋公園の由来
この公園は、秋田20万石佐竹氏の居城、久保田城の城跡である。
久保田城は、慶長7年(1602)常陸から国替となった
初代秋田藩主佐竹義宣(よしのぶ)が翌8年に築城したもので、
天守閣と石垣のない城であった。

明治23年(1890)城跡を秋田市が佐竹氏から借り受けて公園としたが、
明治29年(1896)秋田県に移管され、造園家・長岡安平の設計により整備された。
昭和28年(1953)再び秋田氏に移管、継続的に整備、管理されてきたが、
昭和59年(1984)に、15代佐竹義栄氏の意志により秋田市に寄贈されて、
名実ともに市民の公園となった。

千秋公園の命名者は、秋田県出身の漢学者・狩野良知で、
「千秋」の由来は、秋田の秋に長久の意の千を冠し、
長い繁栄を祈ったものと言われている。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

「松下門跡」。


久保田城跡。[秋田市]

「長坂門跡」。


久保田城跡。[秋田市]

===
御物頭御番所(おものがしらごばんしょ)
御物頭は秋田藩の行政機構の中では番方に属す役職であり、
配下の足軽を指揮して二の門(長坂門)の開閉及び城下一帯の警備を担当した。
御番所の南側十四畳の部屋に物頭が詰めて登城者を監視した。
北側には七畳半の休憩所や台所・便所があり、
中二階には八畳の部屋が配置されている。

『国典類抄』などの資料によれば、御物頭御番所は
宝暦8年(1758)に焼失したのち再建され、安永7年(1778)以降の火災では
類焼を免れたと考えられることから、建築年代は18世紀後半と推定される。
久保田城内では旧位置のまま今日まで残っている唯一の建造物である。
昭和63年3月、保存修復工事を行い、平成2年に秋田市文化財に指定された。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

===
久保田城表門
表門は久保田城本丸の正門で、一ノ門とも呼ばれていた。
本丸の玄関口として警備上からも重要な地点とされており、
左手には門の警備と管理をする「御番頭局(ごばんがしらべや)」、
門の下手には侵入者を警戒する「御物頭御番所(おものがしらごばんしょ)」
を置いて厳重な守りを固めていた。

久保田城は慶長8年(1603)に築城して翌年に完成し、
表門は元和8年(1622)に最初の建て替えが行われている。
その後、寛永10年(1633)、安永7年(1778)など何度か火災に見舞われている。
この門は、絵図などの文献資料や発掘調査の成果をもとに再建したもので、
構造は木造二階建て瓦葺き櫓門であり、
佐竹20万石の正門にふさわしい壮大なものとなっている。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

「久保田城表門礎石」。


久保田城跡。[秋田市]

「八幡秋田神社」。


久保田城跡。[秋田市]

「與次郎稲荷神社」。


久保田城跡。[秋田市]

===
久保田城本丸跡
久保田城が築かれた神明山は、3つの高地からなる標高約40メートル程の
起伏のある大地で、別名三森山とも呼ばれていた。
築城は慶長8年(1603)5月から着工され、翌9年8月に完成した。

本丸は、最も高い所を削平や土盛りをし、平らにして造られた。
東西65間(約117メートル)、南北120間(約215メートル)のほぼ長方形を呈し、
周囲には高さ4~5間半(約7.3メートル~11.8メートル)の土塁を構築している。

本丸の建造物には、表門から入った正面に玄関が置かれ、
政庁である政務所が設けられており、池を配した中央部には
藩主の住居である本丸御殿があった。
また、土塁の上を多門長屋と板塀で囲み、要所には隅櫓を置き、
北西隅には兵具庫を兼ねた御隅櫓を設けた。
西南隅の土塁上には櫓座敷と呼ばれた書院風二階建ての「御出し書院」が造られた。
出入口は周囲に表門(一ノ門)、裏門、埋門、
帯曲輪門の四門に、御隅櫓に通じる切戸口があった。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

===
近代秋田を開いた秋田藩最後の12代藩主佐竹義堯公を敬慕する
旧家臣が中心になり 戊辰の役後50年にあたる大正4年(1915)公の銅像をここに建立した
遺憾ながらこの銅像は太平洋戦争のさなか 国の金属回収策のためその姿を消してしまった。
市民有志はこれを惜しみ 昭和28年(1953) 旧銅像の原型として残されていた
小型像を奉安してわずかに往時を偲んでいた
このたび市制100周年(1989)を迎え
その記念事業として完全なる姿で往年の義堯公銅像に復元したものである。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

「帯曲輪門跡」。


久保田城跡。[秋田市]

===
久保田城御隅櫓
この御隅櫓はもと城内に八カ所あった櫓の1つで
本丸の北西隅 一番高い大地(標高約45メートル)に位置しており
物見や武器の貯蔵庫などに使われたものです
資料と発掘調査に基づき 当時の二階造りを基本として
その上に市街地が一望できる展望室を加えました
市制施行百周年記念事業として21世紀にむけての市制の発展を願い
千秋公園の歴史的シンボルとなるよう復原したものです。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

御隅櫓の中は、ちょっとした資料館になっています。

===
清和源氏の流れをくむ名門
佐竹氏の家系をさかのぼると、平安時代初期の清和天皇にたどりつきます。
応和元年(961)清和天皇の孫・経基は源姓を賜りました。
これが清和源氏の始まりで、佐竹氏もこの流れをくんでいます。


久保田城跡。[秋田市]

武士化して関東各地に住みつくようになった源氏は、やがて東国を支配。
義光は、永保3年(1083)現在の横手市金沢を舞台におきた後3年の役に、
兄を助けるため参戦。
この新羅三郎義光こそ、佐竹家の系図で始祖と位置づけられている人です。
この佐竹家の始祖がすでに秋田の地に来ていたことは興味深いものです。
この義光の孫・昌義が常陸の国(茨城県)佐竹郷に居住し、佐竹氏を名乗りました。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

===
常陸の佐竹から秋田の佐竹へ
転封前の佐竹氏は常陸において54万余石の領土を所有し、
全国でも有数な勢力をもっていました。
しかし、関ヶ原の戦いにおいて大阪方に参画したことなどにより
国替えを命ぜられました。
慶長7年(1602)、安東秋田氏の居城であった湊城(土崎)に入り、
慶長9年(1604)久保田の地(秋田市)に城を築き以来、
この城は佐竹氏代々の居城となりました。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

===
江戸への道のり
当時、行列の所要日数は11日から14日。久保田から羽州街道を通り、
福島から奥州街道へと入って江戸へと向かいました。
(義宜の時代は山形から笹谷峠を通り奥州街道へ)
一行は食料はもちろん、お膳やお椀、寝具までも持参し、
その人数は寛永19年(1642)では1350人にもおよんでいます。
宿場に着くと藩主と側近は本陣に宿泊し、その他の随行者は付近の旅籠に泊まりました。
この参勤交代の定着にともない各街道では道路や宿場の整備が進み、
主要街道筋は大いににぎわうようになりました。
云々。。。


久保田城跡。[秋田市]

「久保田城の復元模型」。


久保田城跡。[秋田市]

「櫓からの風景」。


久保田城跡。[秋田市]

「黒門跡」。

時間の都合でゆっくり出来なかったのは
いつものことですが、良かった~っ。

櫓と門が復元されていたのも良かったですっ。
建物があると迫力がありますネー。



以前の記事はこちらから。
秋田城跡。[秋田市]

【久保田城跡】
@秋田県秋田市千秋公園

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する