ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

秋田駅~秋田城跡歴史資料館前まで。
バスにゆられて2~30分。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

やって参りました「秋田城跡歴史資料館」。
秋田城関連のごちそうがテンコ盛りの歴史資料館です。

たくさんの資料、遺物が展示されていますが、
ウレシイことに館内の写真撮影OKなのです。そして、更に!
ガイドの方が付いてくれ、ひとつひとつ丁寧に説明してくれます♪
素晴らしい。。。


=== 案内板より ===
秋田城とは?
秋田城は奈良時代から平安時代にかけて東北地方の日本海側(出羽国)
に置かれた大規模な地方官庁で、政治・軍事・文化の中心地でした。
蝦夷の人々が暮らしていた東北各地に、
同じように造られた律令国家の地方官庁の遺蹟は
「城柵官衙遺跡」と呼ばれており、秋田城はその中で最も北に位置しています。

天平5年(733)に、秋田村高清水岡に移された当初は「出羽柵・でわのき」と呼ばれ、
天平宝字4年(760)ごろに、秋田城と呼ばれるようになりました。
奈良時代には出羽国の政治を行う「国府」が置かれ、
また津軽(青森)・渡嶋(北海道)のほか、大陸の渤海(ぼっかい)国(中国東北部)など
対北方交易・交流の拠点としても重要な役割を果たしていたと考えられています。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

平安時代に入り、元慶2年(878)の蝦夷の人々による元慶の乱を経て、
10世紀の中頃まで機能しました。
10世紀後半には古代城柵としての機能は失いますが、
歴史書には「秋田城」の名称や官職名としての「出羽城介」、「秋田城介」
が記されています。
また、鎌倉時代以降、「秋田城介」は北方を鎮護する役職名となり、
武門の名誉となっていきました。

昭和14年には遺跡の重要性が認められ、国の史跡に指定されています。
現在は約90ha(893733㎡)の範囲が指定された範囲となっています。
云々。。。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

===
「天平の井戸」発掘~出羽柵/秋田城の創建~
■鵜木地区で「天平の井戸」を発掘
秋田城の発掘調査は、当初は城の形や大きさ、建て替えなどの変換を
明らかにするために進められました。
築地塀の城壁を確認するなどして調査が進む中、歴史書に記された古代の「秋田城」が、
この高清水岡に「出羽柵」として創建されたことを裏付ける歴史的な発見がありました。
それが「天平の木簡」が出土した「天平の井戸」の発見です。

城外の南東側鵜木地区で昭和53年に行われた第25次発掘調査で、
建物群に付属する大きな井戸跡が発見されました。
その井戸跡は直径2.2mの円形で、深さは5.5m、地上部分には井戸を覆う建物があり、
周りには玉石が敷きつめられた立派な井戸でした。
井戸の底には杉の厚い板6枚が円形に組まれた「井筒」が埋め込まれていました。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

■「天平の木簡」の出土
井筒の底には、塼(せん・れんが)が敷きつめられており、
そこから、「天平六年□月」と文字の刻まれた天平時代の木簡(木の札)が見つかりました。
木簡は井戸の建物や井戸枠に打ち付けられたものが、落ちたものと考えられます。
天平6年(734年)は、『続日本記』という歴史書に秋田村高清水岡に出羽柵を移した
と記された天平5年(733年)の翌年にあたります。
「天平の木簡」により発掘された秋田城跡が、
建物群や立派な井戸を持つ天平時代にさかのぼる遺蹟であり、
天平5年に秋田に移された出羽柵であることがわかりました。

「天平の井戸」からは、他にも「(天平)勝宝」年号が記された木簡、鵜木地区建物群が
寺院であることを裏付ける仏教の供養札、墨で人物や龍が描かれたまじないの塼など、
貴重な遺物が出土しています。
発掘調査により歴史書の記録が裏付けられ、歴史書の中の秋田城と史跡秋田城跡が
はっきりとつながったのです。
云々。。。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

===
小札甲(こざねよろい)出土状況
平安時代の甲(よろい)が廃棄された状況で発見されたものです。
漆が塗られた札(さね)と呼ばれる小さい板を何枚も重ねて甲をつくっていました。
材質は革と考えられていますが、外側の漆のみが残っている状況です。
小札の一枚一枚が横方向に重ねられ、
連結されたものが、折り重なるように出土しました。
縦方向に重ねるための連結は、ばらけてしまっています。
小札は、740枚以上確認され、1領(体)分以上あると考えられます。
云々。。。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

===
兵士の姿
■兵士の装備~武器と武具~
秋田城には、軍隊が置かれ、兵士がいました。
兵士が使った武器、身に着けた武具が出土しています。
武器としては、鉄製品の刀・鐸・刀子(小刀)・鏃などがあります。
武具としては、鉄製の甲の一部(小札)などが出土しています。

軍事拠点としての秋田城
■秋田城の軍事的役割
最北の城柵として蝦夷の人々と接し、軍事的な緊張状況にもあった秋田城には
蝦夷の人々との争いに備え、軍隊も置かれていました。
秋田城は役所であると同時に、最北の軍事拠点でもありました。
奈良時代に城の周囲を囲んでいた築地塀の城壁は高さが4m近くあり、
城の守りともなっていました。
平安時代になると、城壁に見張りや弓矢などによる攻撃のために
[櫓]が建てられました。
云々。。。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

===
天慶の乱について
■天慶の乱とは
天慶2年(878年)に律令国家、秋田城司のかこくな政治に対して
出羽国、秋田城下の蝦夷の人々が蜂起した事件です。
秋田城とその周辺地域を舞台とした出羽国始まって以来の大乱であり、
天慶3年(879年)まで続きました。

蝦夷軍が秋田城と秋田郡家、秋田城周辺民家を襲い、焼き討ちし、
秋田城を一時占拠するなどして、官軍は苦戦して鎮圧は難航しました。
中央から派遣された藤原保則が鎮撫して終息しました。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

秋田城下の「蝦夷」村うち、上津野・火内・椙淵・能代・河北・腋本・
方口・大河・堤・姉刀・方上・焼岡の12村が蜂起しました。
これに津軽や渡嶋の蝦夷も加わったとされています。
このとき、秋田城周辺の添河(秋田市旭川流域)・覇別(秋田市太平川流域)・
助川(秋田市および河辺町の岩見川流域)の3村が政府軍に
味方したとされています。
云々。。。


秋田城跡歴史資料館。[秋田市] 秋田城跡歴史資料館。[秋田市]

いやー、すごいなぁ。
古代日本、大和朝廷、城柵。。。
貴重な資料がホントたくさん。
とても勉強になりましたっ。



以前の城柵はこちらから。
城輪柵跡 kinowasaku-ato。 [酒田市]
磐船柵跡の碑と、饅頭岩。  村上市★磐船招魂社

【秋田城跡歴史資料館】
@秋田県秋田市寺内焼山
開館時間/9:00~16:30
休館日/年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料/一般200円、団体(20名以上)160円、高校生以下無料


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する