ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

川俣関所跡。[埼玉県羽生市]

=== 案内版より ===
旧跡 川俣関所跡
川俣関所は慶長年間(1596-1615)に設けられ、明治2年(1869)に
廃止されるまでの約260年間続いた。

この関所は江戸城警備のため設けられ、一般に「出女に入鉄砲」
といわれるが、江戸に人質になっている諸大名の夫人の脱出を防ぎ、
また江戸の安全をはかるため鉄砲のはいるのを厳しく取りしまった。
日の出に開門、日の入りに閉門し、夜中は一般人の通行を禁じた。


川俣関所跡。[埼玉県羽生市]

関所は利根川沿岸に設けられたものであるが、河川改修のため
今ではその跡は川底になってしまった。

関所跡は、はじめ史跡として県の指定をうけ、その後
昭和32年の改修工事により現在の地に碑が移転され、
昭和36年9月1日旧跡と指定変更された。
云々。。。


古城天満宮に続いてやって参りました。
川俣関所跡」であります。
in 羽生市。


川俣関所跡。[埼玉県羽生市]

===
定(さだめ)
一、此関所を通る 輩(やからは)
一、番所の前にて笠
一、頭巾をぬぐべき事
一、乗物にて通る面々は
一、乗物の戸をひらくべし
一、但、女乗物は番の 輩
一、差図にて女にみせ
一、可通之事(これをとおるべきこと)
一、公家・門跡衆・諸大名
一、参向の節は 前かどより
一、其沙汰可有之間不及(そのさたあるべくのあいだこれをあらたむるに)
一、改之(およばず) 自然不審の儀
一、あらば 可為各別事(かくべつたるべきこと)


川俣関所跡。[埼玉県羽生市]

右可相守此旨者也(みぎこのむねあいまもるべきものなり)
仍執達如件(よってしったつくだんのごとし)
貞享3年4月  奉行
云々。。。


川俣関所跡。[埼玉県羽生市]

こちらは近くにあった「勘兵衛松」。

===
徳川家光の日光社参のおりに、風景をよくするため、忍藩主が
家臣の勘兵衛に命じて植えさせたものといわれています。
云々。。。


古城八幡宮、川俣関所跡、と拝見しましたが、
う~ん、北埼玉。
なんだか面白そう♪



以前の関所はこちらから。
大笹関所跡。[吾妻郡嬬恋村]
以前の記事はこちらから。
古城天満宮。[埼玉県羽生市]

【川俣関所跡】
@埼玉県羽生市上新郷

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する