ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

古城天満宮。[埼玉県羽生市]

埼玉県の羽生市にある「古城天満宮」です。
昔、お城があったと云われている場所に建つ神社さんです。

境内に入ってすぐ、手水舎の手前に
梅樹記の碑があります。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]

=== 案内板より ===
羽生官公廟梅樹記の碑
天神社は菅原道真を祭る神社です。北野天満宮を総本社として
全国に一万余りの分祀社があるといわれています。
今では学問の神様として信仰されており、“こち吹かば にほひおこせよ 梅の花
あるじなしとて 春なわすれそ”という道真の句にちなみ梅の樹が植えられています。

この碑の撰文と書(文章をつくり、碑文を書くこと)は、
江戸時代中期の著名な儒学者の亀田鵬斎によってなされました。
鵬斎は寛政異学の禁により弾圧を受けた人物ですが、
現在の久喜市に設立された遷善館に招かれ、近郷の子弟教育に
多くの影響を与えました。
云々。。。

古城天満宮。[埼玉県羽生市] 古城天満宮。[埼玉県羽生市] 古城天満宮。[埼玉県羽生市]
「狛犬」クンと「ご神木」。

===
古城天満宮縁起 (口語)
<口語訳>
武蔵国の北部、羽生の東端に菅公廟が建っていて、古城天満宮と称している。
今から969年前(=明治42年から数えると1030年前になる)の西暦879年、
押領使俵藤太秀郷が創建した。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]
「拝殿」。

歴史の伝えるところによると、秀郷は平将門を討伐した功績により武蔵、
下野の二国の押領使に任じられた。
役所を下野(国)に開いて自らここに居住し、また役所を羽生にも開き、
子の武蔵介千晴をそこに住まわせ、武蔵(国)一国に関することを管轄させた。
役所のあるところには、それぞれ菅公廟を建てた。
そのうち下野(国)に建てたのが現在の佐野廟である。

(菅公廟を)大変大事にして西暦1556年、羽生蓑沢城主木戸伊豆守忠朝もまた
菅公を敬って古城天満宮と改称して、城中の守護神とした。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]
「本殿」。

昔からの言い伝えによると、忠朝は、新田義重の7代目に当たる
民部少輔基氏から数えて10代目の子孫であるという。
伊豆守に任じられて、武田信玄の武将の一人として仕え、
この地に城を築いて居住し、羽生領5万8千石を領有した。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]

天正3年正月25日、北條(=北条)氏に属していた同国(=武蔵国)忍城主
成田下総守の家老小松兵庫、荒川一学と戦い、防戦に努めたが、
衆寡敵せず(=人数に差があすぎて勝目がないこと)、
将兵200名が討ち死にした。
(そして)遂に城は落ちたのである。
その時、大風が吹いていたこともあり、戦火によって社殿や宝物が
焼失してしまった。のちに、村人たちが相談して現在の社殿を再建したのである。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]
「拝殿」と「本殿」。

当町の豪商杉下為吉氏の父岩五郎翁が、氏子の人々の永遠の無事を祈願して、
(碑に)古城の在りし日の姿を刻して(天満宮に)奉献しようと思い立ち、
私に(天満)宮の縁起を書き記すよう依頼があった。
私は学識に欠け、その任に適していないけれども、熱心な依頼を拒むことが
できなかった。(そこで私は)老人たちに言い伝えられてきた伝承を拾い集めて、
その責任をなんとか果たすことができた。


古城天満宮。[埼玉県羽生市] 古城天満宮。[埼玉県羽生市] 古城天満宮。[埼玉県羽生市]
境内のあちこちに建つ「石碑」と「額殿」、「牛の像」。

見識のある人が後に(天満宮の縁起を)書き改めてくれることを切に望んでいる。
誤りを正して、それをその時々に応じて広く伝えることに躊躇しないでほしい。
明治42年5月25日
羽生町長勲七等三木辰五郎拝して識す
云々。。。



古城天満宮。[埼玉県羽生市]

そして、境内正面に建つ大きな石碑。
「史跡 羽生城址」の碑です。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]

===
羽生城跡
羽生城は天文年間の中頃(1540年代)に古河公方(足利晴氏)の配下であった
広田直重・木戸忠朝の兄弟によって築かれました。
三方を沼地で囲まれた天然の要害であり、上杉謙信の関東攻略の
最前線基地でしたが、天正2年(1574)に落城し、忍城主の支配下となりました。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]

徳川家康の関東入国後は大久保忠隣(ただちか)の支配となりましたが、
慶長19年の忠隣の改易に伴い廃城となりました。

現在名残りをとどめるものは何もなく、当地は天神郭の推定地です。
云々。。。


===
【羽生城のうつりかわり】
天文の中頃  1540年代 広田直繁・木戸忠朝兄弟によって築城される。
天文23年9月  1554 古河公方(足利晴氏)敗れ、小田原北条氏
天文23年9月  1554 (北条氏康)の支配下となる。
永禄3年10月  1560 広田直繁・木戸忠朝 上杉謙信に属す。
永禄4年6月  1561 木戸忠朝 皿尾城(現在の行田市)に移る。
永禄4年6月  1561 広田直繁 羽生城を守る。
元亀1年2月  1570 広田直繁 館林城に移る。
永禄4年6月  1561 木戸忠朝 羽生城を守る。
天正2年閏11  1574 木戸氏上州の膳城に移り、羽生城北条氏に攻められ落城。
天正2年閏11  1574 忍城の支城となる。
天正18年8月  1590 大久保忠隣 羽生城主となり、1万石を領す。
慶長19年2月  1614 忠隣、徳川家康の不興を買い、城地は没収され、
慶長19年2月  1614 羽生城も廃城となる。
云々。。。


古城天満宮。[埼玉県羽生市]

古城天満宮と羽生城跡。
ナニゲに興味深い歴史が伝えられています。
羽生市にある神社さんは初めて。
他も巡ってみたいですね。



以前のお城はこちらから。
全国山城サミットプレイベント~北関東に聳えた豊臣の城~。[佐野市]
金山城跡。[太田市]
以前の羽生市はこちらから。
さいたま水族館。[羽生市]

【古城天満宮】
@埼玉県羽生市

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する