ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

鹿児島です!
名勝 仙巌園」から見た桜島であります。
本来ならこんな絶景だったに、小雨フル今日。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

ちょっと残念 (;д;)
でもでも気を取り直して、さぁ参りましょう!
「仙巌園」!


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

=== 案内板より ===
国指定名勝文化財 仙巌園 通称 磯庭園
島津氏は、12世紀末、源頼朝から島津荘地頭職、
薩摩、大隈、日向3ヶ国の守護職に任命された
惟宗忠久(これむねただひさ)が、島津を名乗ったことにはじまります。

江戸時代になると、島津氏は、琉球の支配も認められ、
72万石の外様大名として南九州を統治し続けました。
磯庭園は、正式名称を仙巌園といい、
万治元年(1658)、19代島津光久が鎌田出雲政近の
大磯下津浜門屋敷を御用地と成し、
御仮屋を建てたのが始まりとされています。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

島津藩ではすでに18代島津家久が城山に鶴丸城を建て、
島津氏の居城としており、仙巌園に建てられた御殿は、
島津家の別邸として代々の藩主に受け継がれました。
江戸時代中期、21代吉貴の代には、中国より江南竹が移植され、
曲水の庭が作庭されたと伝わっています。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

また、27代の斉興の代には、庭地拡張が行われ、
同時に千尋巌、集仙台、筆塚などが造られました。
さらに、廃藩置県後には29代の忠義が移り住み、正門が造られ、
ほぼ現在の形に整えられました。

なお、この仙巌園は、昭和33年(1958)に、
名勝として国の文化財に指定されています。
云々。。。


===
御殿
19代島津光久が屋敷を構えて以来、仙巌園は別邸として
歴代当主に受け継がれました。
しかし明治4(1871)年の廃藩置県で、島津家の人々は鹿児島城(鶴丸城)
からここに移り、明治17(1884)年には御殿の大規模な改築が行われました。
現在は当時の約3分の1の建物が残されており、往時の島津家の暮らしぶりを
物語っています。
云々。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

===
千尋巌(せんじんがん)
岩に彫られた「千尋巌」の文字は、文化11(1814)年、27代島津斉興の時代に
延べ3900人あまりの人員で3ヶ月をかけて刻まれたものです。
また、作業用の足場は杉や竹で組まれました。
3文字で約11mもの大きさがあり、胡粉という顔料で塗られています。
景勝地の岩に文字を彫ることは中国ではよく見られますが、
ここにも中国文化の影響がうかがえます。
云々。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

===
ヤクタネゴヨウ(屋久種子五葉)
ヤクタネゴヨウは屋久島と種子島で自生する五葉松で
環境省の絶滅危惧種に指定されています(IB類)。
この松は樹齢およそ350年と推定され、日本一の大きさと思われます。
云々。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

===
望嶽楼(ぼうがくろう)
望嶽楼は江戸時代初期に琉球国王から薩摩藩に贈られたと伝わるものです。
床に敷かれた塼(せん)とよばれる273枚の敷き瓦は、中国秦時代(紀元前3世紀)
の阿房宮のものを写したといわれ、内部に掲げられた扁額は、
中国東晋時代(4世紀)の書家、王義之(おうぎし)の書を模したものと伝えられています。
かつて勝海舟も異国情緒あふれるこの建物で、島津斉彬と対面しました。
云々。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

===
獅子乗大石灯篭(ししのりおおいしどうろう)
29代島津忠義が明治17(1884)年に造らせた園内最大の石灯籠です。
灯籠の上部には、江戸時代の別邸、花倉御仮屋にあった飛獅子が乗っています。
笠石はかつて磯浜の海岸にあったもので、たたみ8畳ほどの広さがある
非常に大きなものです。
云々。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

===
正門
正門は明治28(1895)に建てられたものです。
薬医門という形式の門で、裏山で採れた樟を建材として用い、
門上上部には島津家の家紋である丸十紋と桐紋が配置されています。
云々。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

===
錫門(すずもん)
錫門は江戸時代に正門として用いられたもので、屋根は錫の板で
ふかれています。
江戸時代はじめに藩内で錫鉱山が発見され、以後、鹿児島の特産品として
知られるようになりました。
かつて朱色の門を建てることは位の高い人だけに許されていました。
この錫門は、江戸時代には当主とその世継ぎしか通れませんでした。
云々。。。


鹿児島の史跡名勝、仙巌園。 鹿児島の史跡名勝、仙巌園。

=== 案内板より ===
猫神
猫神は朝鮮出兵の際に従軍した猫を祀る祠です。
17代島津義弘は、陣中で猫の瞳孔の開き具合をもとに
時刻を推測したと伝えられており「時の神様」といわれています。
また、百日咳に御利益があるともいわれています。
云々。。。


===
名勝 仙巌園
仙巌園は、万治元(1658)年、19代島津光久によって建てられた島津家の別邸で、
中国江西省の景勝地、竜虎山仙巌の名前をとって「仙巌園」と名づけられました。
また、落成のお祝いの際に、2羽の鶴が舞い降りて来たことから「喜鶴亭」
とも呼ばれていました。
歴代当主に愛されたこの庭園は、桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた借景庭園です。
また、古くから大陸と交流し続けた南九州ならではの特徴として、
「千尋巌」や「望嶽楼」、「江南竹林」など大陸との深い結びつきを示すものがたくさんあります。
昭和33(1958)年には「仙巌園 附 花倉御仮屋庭園」として国の名勝に指定されました。
云々。。。


前回来たのが2008年ですから、
ホント、8年ぶりの「仙巌園」です。
見所がたくさんの磯庭園。
全部回り切れなかったのがちょっと残念っ。

それでも薩摩の文化にふれることが出来て大満足です。
また来よう、
また来てみたい、仙巌園。。。
ちょっと遠いけどおすすめデス~。



以前の記事はこちらから。
レストラン 松風軒。[鹿児島県*仙巌園内]

【仙巌園】
@鹿児島県鹿児島市吉野町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する