ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

前回に続いての「石田堤」であります。


=== 案内板より ===
県指定史跡 石田堤
この堤は、天正18年(1590年)6月、石田三成によって忍城水攻めのために
築かれたことから、石田堤と呼ばれています。
天正18年3月に始まる、豊臣秀吉の関東平定に伴い、北條氏に味方する、
成田氏の拠城である忍城は、同年6月、石田三成、大谷吉隆、
長東正家らによって、包囲されてしまいます。
石田三成らは、地形を見て、忍城を水攻めすることにし、
全長28キロメートルに及ぶ堤を、わずか1週間で作り上げたと言われています。
実際には、自然堤防や微高地を、巧みにつなぎ合わせたものと思われ、
現在残っているこの堤も、自然堤防上に、1~2メートル程盛土をしたものです。

こうして堤が完成し、利根・荒川の水を引き入れたのですが、地形的に、
城や城下町より、下忍・堤根方面に水が溜まってしまい、
遂には堤が決壊して、水攻めは失敗に終わります。
しかし北条氏の降伏により、忍城は遂に開城するのです。

今日では、ここ堤根に約250メートルの堤を、残すのみですが、江戸時代、
日光裏街道沿いに植えられた、樹齢300年余の松や檜葉が並ぶ様は、
往時をしのばせる、貴重なものと言えましょう。
云々。。。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市] 石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

===
土木遺産「堀切橋」
埼玉県内で8ヵ所目の土木学会選奨土木遺産となる「堀切橋」は、
親柱頂部に尖頭半球が施され高欄は三角形等の空間がある。
これらの表面に幾何学模様が刻まれており、野外アート風の橋である
貴重な土木遺産であることが評価され、認定されたものです。

なお、堀切橋の名前は、戦国時代に石田三成が忍城を水攻めにした際、
この付近で石田堤が破堤したことが由来とされている。
云々。。。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

こちらは鴻巣市、
石田堤史跡公園にある「シンボルモニュメント」です。
高架下にあるこのモニュメントの下に入ると、
自動で石田堤の様子を説明してくれるガイダンスが流れます。
石田堤の初心者にもバッチリな優れモノ☆


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

===
忍の城を囲む石田堤
石田三成による堤の築造は、僅か5日間で完成したと伝えられています。
完成後に利根川・荒川より水を引き込み、城周辺を水浸しにしたものの、
城は開城しませんでした。往時の忍城は周囲を沢沼地に取り囲まれた「浮城」の
異名をもつ、北武蔵の大名成田氏の居城にふさわしい要害堅固の城でした。
その浮城の面影は僅かに水城公園に見られます。
云々。。。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

===
三成本陣から見る忍の城
城周辺を水浸しにしたものの、城は落ちる気配はありませんでした。
今さきたま古墳群に残る「丸墓山古墳」が当時の石田三成の
本陣跡と言われています。
また南から古墳に至る小高い道は、石田堤跡と言われています。
当時ここからは、水に浮かぶような忍の城が見えたことと思います。
云々。。。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

===
堤の決壊
多くの労力をかけた水攻めは、城に対し決定的な効果は上げなかったようですが、
城中に籠ったと伝えられる百姓・町人・法師・神官・婦女子らには、
日々増える水を見ながらの動揺もあったと思います。
しかし、増水中に台風に襲われ、逆に石田勢を押し流してしまったと
伝えられる一面もあります。
この場所が、本公園北側の忍川にかかる「堀切橋」です。
云々。。。



石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

同じく公園内にある「四阿(あずまや)」です。


===
天正18年前後の関東の様子
天正17年(1588)の上野沼田城将猪俣邦憲が、名胡桃城を奪取したことに
端を発する小田原「征伐」は、翌年の正月に、徳川家康が先鋒となり、
東海道の軍勢を率いて駿府城を進発、それから間もなく前田利家も加賀・
能登・越中の軍勢を率いて上野へと向い、また中国地方の毛利輝元も
秀吉の命によって水軍出動の準備を整えていた。
そして3月1日、秀吉は自ら3万2千の大軍を率いて京都を発って小田原へ向かった。


石田堤。[埼玉県行田市~鴻巣市]

これに対して後北条方は、小田原城内に氏政・氏直父子のほか、氏照・太田氏房・
佐野氏忠・成田氏長・上田憲定・内藤直行・松田憲秀をはじめとする
領国内の主だった者たちが籠城していた。
また領国内要所の支城には一族・重臣は豊臣軍の進撃に備えていた。

すでに3月末頃より、品の方面から上野(群馬県)に入った上杉・前田連合軍は、
松井田城に攻撃を開始しており、4月半ばには真田昌幸・信幸の軍勢もこれに参加、
ついに開城にいたった。
この前後に上野の西牧・国峰・厩橋・箕輪や下野(栃木県)佐野城などがあいついで
開城、4月21日には玉縄城の北条氏勝が豊臣軍に降り、4月23日には佐竹義宜・
宇都宮国綱軍によって佐野・壬生・鹿沼城も攻略された。
さらに4月末~5月半ばまでには武蔵の江戸・河越(川越市)・松山城(吉見町)や下総の
佐倉・臼井城なども落城し、わずかに小田原本城と氏規の拠る韮山城、そして
岩村(岩槻市)・鉢形(寄居町)・八王子・忍(行田市)・津久井城を残すのみとなっていた。
云々。。。


初めて来てみた「石田堤」であります。
それにしても、次々と周囲の城を撃破してしまう
豊臣軍の破壊力はすさまじいんですね。
なかなか勉強になり、良いモノを拝見できました★



以前の記事はこちらから。
石田堤歴史の広場。[埼玉県行田市]

【石田堤史跡公園】
@埼玉県鴻巣市袋字台

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する