ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

熊本県「人吉城跡」です。
なかなかな広さを誇るお城の跡。
所々に残る石垣からも巨大な砦であったことが伺えます★


=== 案内板より ===
二の丸跡
戦国時代までの人吉城は、東南の上原城を本城とする山城であり、
この場所は「内城」と呼ばれる婦女子の生活する地区であった。
天正17年(1589)、第20代長毎(ながつね)によって近世城としての築城が始まると、
本丸や二の丸の場所となり、慶長6年(1601)には石垣が完成している。

二の丸は、江戸時代の初め「本城(本丸)」と呼ばれているように、
城主の住む御殿が建てられた人吉城の中心となる場所である。
周囲の石垣上には瓦を張りつけた土塀が立ち、北東部の枡形には
櫓門式の「中の御門」(2.5間×9.5間)があり、見張りのための番所が置かれた。
また北辺には御殿から三の丸へ下る「埋御門」が土塀の下に作られ、
この他に「十三間蔵」(2間×13間)や井戸があった。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

三の丸は二の丸の北・西部に広がる曲輪で、西方に於津賀社と2棟の「塩蔵」
(2.5間×6~7間)を、東の「中の御門」近くに井戸と長屋を配置するだけで、
大きな広場が確保されている。
その周囲には当初から石垣は作られずに、自然の崖を城壁としており、
「竹茂かり垣」と呼ばれる竹を植えた垣(かき)で防御している。
これは、人吉城がシラス台地に築かれているため、
崖の崩壊を防ぐ目的もあった。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

二の丸御殿
享保4年(1719)の「高城二ノ丸御指図」によれば、
御殿は北側を正面とするように配置され、「御広間」(4間×9間)・
「御金ノ間」(6間四方)・「御次ノ間」(4間×6間)の接客・儀式用の表向建物と
「奥方御居間」(3間×8間)・「御上台所」(3間×9間)・「下台所」(5間×8間)の
奥向の建物の合計6棟からなる。
これらの建物は、すべて板葺きの建物で、交互に廊下や小部屋でつながり、
建物の間には中庭が作られている。
この内、「御金ノ間」は襖などに金箔が張られていた書院造の建物で、
城主が生活・接客する御殿の中心となる建物である。
云々。。。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

二の丸エリアより、この石段を上がっていった所に
本丸があります。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

===
本丸跡
本丸は、はじめ「高御城」と呼ばれていた。
地形的には天守台に相当するが、天守閣は建てられず、寛永3年(1626)に
護摩堂が建てられ、その他に御先祖堂や時を知らせる太鼓屋、山伏番所があった。
礎石群は、板葺きで4間四方の二階建ての護摩堂跡である。

中世には「繊月石」を祀る場所であったように、主として
宗教的空間として利用されていることに特色がある。
云々。。。



人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

二の丸、三の丸へ戻り、
中門手前のクランク(枡形)。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

「中門跡」。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

さらに下って、、、


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

「御下門」。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

「堀合門」。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

かつては球磨川に面していて、
水路の出入り口となっていた「水ノ手門」。


===
水ノ手門跡
慶長12(1607)年から球磨川沿いの石垣工事が始まり、外曲輪が造られた。
水運を利用するため、川に面した石垣には7個所の船着場が造られ、
その中で最大のものが「水ノ手門」である。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

この門は寛永17年(1640)以前から幕末まで、人吉城の球磨川に面する
城門であった。
享保13年(1728)、「御修理場御本帳写」によると門の規模は3間で、
門の内側に板葺きの御番所、茅葺の船蔵があった。

平成11年度の発掘の結果、門は大きく壊されていたが、階段や排水溝が
確認できた。川側にあった船着場は石張りの傾斜面となっていて、
水位の増減に対応できるように工夫されていた。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

水ノ手門近くにある大村米蔵跡・欠米蔵跡の発掘調査では、「御用米」
「免田納米」「上村納米」といった木札が出土していて、免田や上村方面から
年貢米が球磨川の水運を利用し、この門から城内に運びこまれていたことがわかる。
云々。。。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

===
間米蔵(あいだこめくら)跡
江戸時代中期に描かれた「人吉城大絵図」によると、水ノ手門周辺に
大村米蔵、欠米御蔵、間米蔵がある。
3棟の蔵とも切妻造瓦葺の建物である。
間米蔵は、水ノ手門西側にあった間村の年貢米を納めたと考えられる蔵である。
南北6m×東西20m規模で、▲間×10間の建物となる。
建物内部は、大型の礎石の配置から2間・3間・3間・2間と4室に区分され、
床束の礎石があるので、床板が張られた建物である。
北側には米を計算するための「斗屋」などの小さな付属屋がつき、南端には
雨落としの溝が付属する。
この蔵は、幕末の文久年(1862)の寅助火事で焼失し、その後再建され、
明治初期の払い下げによって解体された。
云々。。。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

===
武者返し
御館北辺の石垣上には、絵図にみえる長櫓があり、
文久2年(1862)の寅助火事で焼失した。
翌年、櫓は復旧されず、代わりに石垣を高くして、その上端に槹出工法による
「武者返し」と呼ばれる突出部をつけた。


人吉城跡。その2 [熊本県人吉市]

この工法は、西洋の築城技術で、嘉永6年(1853)に品川台場(東京)で
初めて導入され、五稜郭(北海道)や龍岡城(長野)等の西洋式城郭で
採用されており、旧来の城郭で採用されたのは人吉城のみである。
云々。。。


かけ足で観てまわってようやくです(汗、、、
それでもまだ行けてないところがチラホラ。。。
今回はタイムリミットなので、残りは次回ということで。
今度はいつ人吉に来れるかなぁ。

また来よう。
また来てみたい、人吉城。。。



以前の記事はこちらから。
人吉城跡。[熊本県人吉市]

【人吉城跡】
@熊本県人吉市麓町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する