ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

伝藪塚氏の墓。[太田市]

=== 案内板より ===
伝藪塚氏の墓
大正2年(1913)に東武鉄道桐生線の工事中に、塚の中から発見されたもの。
鎌倉時代の様式をよく表している五輪塔であることから、
新田義重の曽孫、岩松時兼の六男岩松太郎朝兼(藪塚六郎といった)
子の時綱、孫の基綱3代の墓であろうと考えられた。(岡部福蔵氏考察)
(しかしそれを証明するものはない)


伝藪塚氏の墓。[太田市]

五輪塔は、平安後期より、供養塔、墓標などの意味でつくられるようになった。
仏教では、この世を形成する要素として、空、風、火、水、地の5つを考え、
それを形に現したものが、五輪塔である。
云々。。。


伝藪塚氏の墓。[太田市]

云われが記された石碑。

藪塚氏の墓と伝わる五輪塔。
藪塚氏、そして矢場氏、ヒジョーに気になるところです。
良いものを拝見出来ました今日であります♪



以前の五輪塔はこちらから。
花見塚神社。[太田市]
岩松尚純夫婦の墓。[太田市*尚純萩公園]

【伝藪塚氏の墓】
@群馬県太田市藪塚町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する