ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

正法寺仁王門並びに仁王尊。[太田市]

脇屋山 正法寺」。
太田市にあるお寺さんです。
新田義貞さんの弟、脇屋義助さんの遺髪塚があることでも有名。

先ずは、立派な仁王門が出迎えてくれます★


=== 案内板より ===
正法寺仁王門並びに仁王尊
正法寺は高野山真言宗の寺で、山城国(京都府)醍醐寺開山の聖宝が
源経基の誓願を受けて、延喜年間(900~922)に創建し
古くは萬明山聖徳院聖宝寺と呼んだと伝えられる。
寺名の脇屋山正法寺は脇屋義助の法名「正法寺殿傑山宗栄大居士」による。

元暦年間(1184~1185)には新田義重が堂宇を修理し、元弘年間(1331~1334)には
脇屋義助が所領の由良郷脇屋村及び大般若経600巻を寄進したと伝え、
脇屋義助の菩提寺ともなった。
正法寺は古くは現在地の南東1kmにある脇屋館跡(脇屋義助の館とされる)
隣接地の観音免にあったといわれる。
この観音免遺跡からは、板碑・五輪塔・層塔などが出土しているが、
現在層塔は本堂左手奥の脇屋義助公遺髪塚脇に移設されている。


正法寺仁王門並びに仁王尊。[太田市]

仁王門、貞享2年(1685)に建立、享和3年(1803)に改築されたと伝えられる。
重層桟瓦葺き入母屋造りで、
間口約9m、奥行約5.4m、高さ約12mの楼門である。
中央の通路をはさみ、左右には仁王尊を配置する。
屋蓋の傾斜は強く、破風は大型で、よく江戸期の作風を残している。
軒廻りは出組二軒で地垂木は並行、軒の反りは極めて小さい。
二層には豊かな勾欄を巡らし、初層軸部の木割り細いが、陸梁・出組の調和よく、
山門にすぐれた安定感を与えている。


正法寺仁王門並びに仁王尊。[太田市]

仁王尊は金剛力士像ともいわれ、木造彩色、高さ2.6mの2.6mの像である。
右側は開口し「阿・あ」、左側は閉口し「吽・うん」を表現する。
顔面・胸腹部・四肢・姿態ともすぐれ、筋肉は極めて写実的で、
しかもその誇張は極端にはしらず、よく仁王像の特徴を生かしている。
顔面の表情は開声合声の相を明瞭とし中世の作風を残す。
威風は近世作品としてすぐれた風格を示すものである。

昭和63年(1988)に解体修理を実施した際、背面と顔面裏側から銘文が発見され、
貞享2年(1685)京都の大仏師左京入道勅法眼康祐の作てあることが確認された。
康祐は定朝26代、運慶の流れ汲む仏師である。
云々。。。


正法寺仁王門並びに仁王尊。[太田市]

こちらの仁王門には、直径2メートル、重さ530kgもある大鰐口が
掛けられています。
貞享2年に鋳造されたものですが、昭和19年、戦争のため供出されてしまいました。
現在のは2代目さんなのだそうです。

「脇屋山 正法寺」。来てみたかったお寺さんです。

つづく。。。



以前の記事はこちらから。
脇屋義助公居館跡。[太田市]
以前の新田さん関係はこちらから。
八幡八幡宮。[高崎市]

【正法寺】
@群馬県太田市脇屋町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する