ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

長楽寺。[太田市]

前回に続いての「長楽寺」です。
in 太田市世良田町。


=== 案内板より ===
徳川氏発祥の地
本町は、12世紀中頃源義国の長子新田義重がこの地に荘園を開き、
新田の荘と呼ばれました。更に、義重の子義季(よしすえ)は
徳川の地を領して徳川義季と名のりました。その後、承久3年(1221)
この義季は、世良田に長楽寺を創建しました。

徳川義季を先祖として、家康は松平を徳川に復姓し、
更に、三代将軍家光は、日光東照宮の大改築を行い、
奥社に有った拝殿と宝塔を天海大僧都に命じて、徳川氏先祖の地
世良田に移築しました。
こうして世良田・徳川の地は徳川氏先祖発祥の地として、
将軍家の厚い庇護のもとに繁栄を続けました。
云々。。。


長楽寺。[太田市]

===
長楽寺
新田氏の祖義重の子徳川義季を開基とし、日本臨済宗の祖栄西の高弟
栄朝を開山として、承久3年(1221)に創建された東日本最初の禅寺
(東関最初禅窟)である。ただし禅の専門道場ではなく、
顕教密教を兼修したので、三宗兼学の寺として知られた。

創建当時は、広大な境内には塔頭子院が軒を並べ、500を超える学僧が止宿して
研学修行にはげんだ。その中には入宋したものも多く、これらを含めて
当寺出身者は全国に禅風を挙揚し、日本仏教史に重要な地歩を占めた。
聖一国師・神子栄尊・無住一円・一翁院豪・月舟深海その他枚挙にいとまがない。
新田氏を始め関東武士の崇敬も篤く、周辺の庶民にもその教化は及び、
その思想的影響ははかり知ることができない。

室町時代の初期に日本十刹の制が成立すると当寺もその1つに数えられた。
戦国時代末期になると、寺運は著しく衰退した。


長楽寺。[太田市]

天正18年、徳川家康は小田原北条討滅の功により、秀吉より関東の地を与えられた。
家康は長楽寺の現況を嘆いて、天海僧正をその住職に任じて、
祖先開基の寺の復興にあたらせ、寺領100石を与えた。
天海は当寺を臨済宗から天台宗に改め、境内を整備し、伽藍を修復し、
末寺700有余か寺を擁する大寺院に成長させた。
天海は同時に日光輪王寺の住職でもあったので、日光東照宮が改築されるにあたり、
元和造営の社殿の一部を長楽寺の境内に移し、東照宮を勧請した。
幕府は社領として200石を与え、長楽寺をその別当寺として管理と祭祀にあたらせた。

しかし、明治維新によって徳川幕府が崩壊すると、
荒廃の悲運に際会せざるを得なかったが、最近多くの人々によって
その歴史的価値が認識され、各方面の努力を得て復興の曙光を仰ぐに至った。
云々。。。


長楽寺。[太田市]

===
新田公並一族従臣忠霊供養塔
昭和16年に建立されたこの塔は、当時の世良田村有志十数名からなる
発起人により、新田一族並一族従臣忠霊供養塔建設会が組織され、
その呼びかけに応じた、県の内外数百名に及ぶ篤志家と、
世良田国民学校自動をはじめ各種団体の賛同により、
その浄財が寄せられ完成された。
その建立の趣旨は、新田義貞公戦没して600余年、
公の事蹟は国民の広く知るところであり、国や県等においても
神として奉斎されているが、新田一族のそれはあまり世に現れず、
従臣に至ってはほとんど顧みられない現状を遺憾とするものであり。

太平記により、堀口貞満の言を借りれば
「義を重んじ節に殉じて死屍を戦場に曝した者は、一族132人、
郎党士卒8000余人」とある。
その後の転戦を合わせれば、万余に及ぶ将兵が、
二度と再びふるさとの地を踏むことなく、異郷の土と化したのである。
ここに義貞公と並んで新田一族従臣の忠霊を供養のため
造塔の佛事をなさんとするものであった。
開眼法要は10月5日、男爵新田義美、群馬県知事代理尾崎喜佐雄をはじめ
郡内官民多数の列席を得て営まれた。
以後、毎年5月8日、50年を経た今日も、関係者によって供養の法要が営まれている。
云々。。。


長楽寺。[太田市]

「開山堂」。

この先に「新田家累代墓」があるのですが、
ヤブっ蚊の襲来で撤収~(汗、、、
虫よけスプレー必須(汗、、、


長楽寺。[太田市]

隣接する「東照宮」を通り抜け、
こちら、井戸跡です。


===
真言院
真言院は、中世に長楽寺別院として境内に建てられた。
ここでは専ら密教をつかさどり灌頂を行った。
灌頂とは、真言密教の儀式の一つで、頭の頂きに水を灌がれ、
それによって僧侶として一定の資格を得ることである。
この時使用する閼伽(水)は、きわめて清浄なものとして重視された。
真言院井戸は、この灌頂に用いる浄水を汲むために設けられたものである。
僧侶は、この水で灌頂を受けるために諸国からここに参集した。

井戸は、底部より玉石を積み上げ、その上部には、花崗岩の大石を方形にくりぬき、
縁を唐戸面に仕上げた井戸枠がすえられている。
これは、徳川家康の命により長楽寺住職となり、当寺を再興した天海僧正
(慈眼大師)によって、寛永19年(1642)に作り替えられたものである。
その後、灌頂の儀式は長楽寺で行われるようになり、真言院は廃されたが、
由緒あるこの井戸は丁重に保存され、今日にいたっている。
云々。。。


長楽寺。[太田市]

そして「新田荘歴史資料館」。


長楽寺。[太田市]

資料館の前に建つ新田義貞さんの像。


===
新田義貞公傳
正安3年(西暦1301年)尾島町世良田の新田館(現在の総持寺内)
に生れ成人して鎌倉の北條氏に仕えていたが
北條氏の横暴を嫌って郷里のこの地に戻る
その後大塔宮護良親王の令旨を受け生品明神に於いて討伐の兵を挙げ
親族足利尊氏の兵を加えてもその数は200有余騎て兵力の不足を嘆く
その時新田家相傳の守本尊安養寺村新田触不動尊の神力に依り
甲信越の親族からの援軍を得て2000有余の軍勢で鎌倉を攻め落す
時に元弘3年義貞33才
後足利尊氏は北朝に仕え新田義貞は南朝に仕う
足利氏の非行を嘆き尊氏と戦い福井の藤島に於いて薨る
時に延元3年(西暦1338年)38才
云々。。。


長楽寺。[太田市] 長楽寺。[太田市]

庭の隅っこにいた小さな埴輪クン。
「短甲武人埴輪」。

I'm a haniwa
warrior


長楽寺。[太田市]

同じ敷地内にある「世良田東照宮」です。
日光東照宮の旧社殿が移築され使われています。

おぉ~、と謂うな史跡をいろいろ拝見しつつも、
長楽寺開基の義季さん(徳川氏の始祖)のお墓、
新田氏累代の墓所は、また次回にしましょう★
夏のお寺さん、暑さとヤブっ蚊に注意であります。

また来よう、
また来てみたい、長楽寺。。。



以前の記事はこちらから。
長楽寺。chorakuji [太田市]

【長楽寺】
@群馬県太田市世良田町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する