ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

長楽寺。[太田市]

太田市の世良田町にある「長楽寺」。
新田義重さんの四男の方、得川義季さんの開基と伝わるお寺さん。
徳川家康さんのブレーン、あの天海僧正さんも住職を務めたこともある
名刹であります。

歴史と史跡もテンコ盛り♪


長楽寺。[太田市] 長楽寺。[太田市]
(写真はクリックで大きくなります。)

〝世良田山〟の額が掲げられた山門。
そしてすぐ左手には朱で彩られた「勅使門」があります。


=== 案内板より ===
長楽寺の勅使門
この門は、江戸時代東照宮の正門とともいわれた。
勅使または幕府の上使が参拝するときのみ使用され、
それ以外は開かれることがなかった。
そのため、「あかずの門」ともいい、俗に「赤門」ともいわれる。

建築年代ははっきりしてないが、東照宮が遷宮された寛永21年(1644)
と同時代に造られたものと思われる。東照宮に残っている修理棟札を見ると、
この門は、上使門とも呼ばれており、東照宮付属の建物として、
徳川幕府の手により修理が行われていた。

神仏分離政策により明治8年、長楽寺、東照宮が分離された時、
長楽寺に所属したものである。

門の造りは、銅板葺四脚門、本柱・控柱ともに円柱である。
軒は二軒半繁垂木、正面の控柱には頭貫を渡して、
その中心に割束をもって丸桁を支えている。側面は頭貫上に割束を立て、
虹梁を支え、その上に大瓶束を立てて棟木を支え、また、
かぶら懸魚を用いている。昭和43年に解体修理をした時に、
保存上から、位置を約2メートル西へ移した。
云々。。。


長楽寺。[太田市]

===
長楽寺の蓮池と渡月稿
この池は、長楽寺の住持義哲西堂の永禄8年(1565)の日記(永禄日記 県重要文化財)
にもある池で、承久3年(1221)長楽寺創建当時の遺構を残す一つである。
別名心字池ともいい、心の字をかたどつてつくられ、南の池の二つの島は
心の字の二点を現しているといわれる。

以前は北の池に白、南の池に紅の蓮があり、盛夏の頃には池一面に紅白の花が咲き、
さわやかな芳香があたりに漂っていた。

中央にかゝる弧状の稿を渡月橋といい、後烏羽上皇から下賜された
と伝えられる五面の勅額の一面に「渡月橋」とあるのは、この橋のことと考えられる。
元は木橋であったが、寛政8年(1796)石橋に改められた。
北側の橋桁の内側に、御修複 篠木勝左衛門外16名と、棟梁 市田吉左衛門、
石工 天野源兵衛の氏名が彫刻されている。
木橋当時の欄干の擬宝珠は現在の本堂(旧太師堂)匂欄の擬宝珠として
保存されている。
昭和57年、歴史公園計画事業の一環として、池の浚渫及び周辺の整備を行ったが、
本格的な学術調査は後日をまつことになった。
なお、池の汀にある岩石は昭和44年護岸のために据たもので、
元は素堀の池であった。


長楽寺。[太田市] 

(竜宮伝説)
北の池は、底が竜宮に通じていて、何か必要なものがあれば、
その品名を書いた紙を地に投げこむと、水面が渦巻いてその紙を吸いこみ、
やがて忽然としてその品物が浮上するとわれていた。
ある時、寺に大行事があって、千畳張りの蚊張を借りた。
それは蓮の糸で織られた精巧な蚊張だった。
寺僧がこれを惜しんで返さなかったため、以来、いくら紙を投げ込んでも、
池の水面には何の異変も起こらなくなったという。
云々。。。


なぜかミドリガメ(汗、、、


長楽寺。[太田市]

===
長楽寺三仏堂及び太鼓門
三仏堂は、長楽寺の中心的な建物であり、慶安4年(1651)に三代将軍徳川家光
の命により再造され、数回の修理(最終的には昭和59年の解体修理)を経て
現在に至っている。桁行五間、梁間四間、一間の向拝付寄棟造、東向き総丹塗り、
屋根はもと茅葺であったが、明治9年瓦葺、昭和59年銅版平葺に改めた。
建物の仕様は、外部の正面両隅間を中敷居入りの窓とし、堅連子を組み込み
明障子付杉戸引違、中央を四ツ折桟唐戸両開きとし、
内・外陣境の両脇間を格子戸引違に、両側面の前より第一、第二間を板戸引違とし、
明障子を設け、第三間を板壁とする。


長楽寺。[太田市]

内陣須弥壇上に向かって右より、釈迦如来(像高2.2メートル)・
阿弥陀如来(像高2.53メートル)・弥勒菩薩(像高2.24メートル)の三躯を安置する。
三躯はいずれも木造寄木造の坐像で、右から順に、過去・現在・未来をあらわし、
三世仏と呼ばれる。
云々。。。


長楽寺。[太田市]

太鼓門は、鼓楼ともいわれ、三仏像の西に隣接して立ち、
様式手法等により江戸時代初期のもので、その後、三仏像同様に
修理を経て現在に至っている。
桁行三間、梁間三間、袴腰付、入母屋造、胴瓦葺、東向き、中央一間扉構、
上部は四週に縁をめぐらし、高欄が付く。
正・背面の中央間に火灯窓、嵌板に華麗な彩色透彫文様を施す。
楼上に太鼓をかけ、寺の諸行事の合図に使用した。
云々。。。


あちこちからのセミの鳴き声。
残暑を感じながらお寺さんの散策は続きます。。。



以前の新田さん関係はこちらから。
世良田館跡。[太田市]

【長楽寺】
@群馬県太田市世良田町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する