FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家

水沢方面へ向かう街道沿いに気になるお店を発見。
古い農家のような佇まいに水車小屋まである。
「お休み処」だって。なんか好奇心がムクムクです。

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 店舗

「わぁ、すごい~」車から降りて近くで見るとまた風情がある。
なんか、今時珍しいですよね。こういう建物って。
早くも期待で胸が高まります。

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 店主
…と、土間で翁が手作業で何か作っている。
まわりの風景にとけ込んだ風景。タイムトリップした感じ。
この方が、コチラの「鹿火屋」さんのご店主。
もともと畑だった場所に40年前、茶屋を建てたそうです。
手元では面白いように編まれてできあがっていく
コレ、何ていうものでしょう?
ドジョウすくいで持つ「アレ」ですよね?

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 店内
ガタガタガタ~と木戸を開け
茶店の中に入ると煤けたような匂いと煙がもぁぁぁ~と天井に広がる。
パチパチと音を立てる囲炉裏と昼なのに暗い土間。
普通、お店の中が煙かったらいやだと思うけれど
ここではちっとも嫌ぢゃぁないのよ。。
だって、ここの佇まいには煙さえ合うんだモン。
こういう家に住んだ事はないのに「懐かしい感じがする」のは
なぜデスのん?不思議なものですね。

窓際の座敷に座って「ぢゃぱにーずてぃーたいむ」をば。。。

お店の方におすすめをうかがって
「いも串」と「くず餅」、「甘酒(ノンアルコール)」と「ラムネ」を
注文しました。
鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 ラムネ
ラムネは外の流しで冷えているのを自分で開けて飲むんだよ。
ガラスの瓶の中で栓になっているビー玉をポンッと下に
落とすと、イキナリすごい勢いで「シュワワワワ~ッ」と泡が。。
普段飲み慣れていないものだからアワアワしている間に泡が
瓶をすべり落ちていくわけ。。。

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 くず餅
くず餅と甘酒
このくず餅、今、こうして写真で見てもこんなにも
みずみずしく光っているけれど
これの出来立てをいただくのはとってもハッピーな気分です。
だって、触れなくても「ぷるぷるふるふる」と震えているような
この白いくず餅に、きな粉や黒蜜をたっぷりつけていただくと
喉につるるるるぅ~って入っていって、
ぢゃぱにーずスィーツの底力を感ぜずにはいられません。

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 いも串
一番人気の「いも串」です。

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 いも串 スタッフ
こんな風に炭火で焼くんだね。
里芋を焼いて、た~ぷりとお醤油ベースの甘ダレをかけたものが
出てきます。この里芋がね、いつも食べている里芋よりも
コクがあってねっとりとしているんです。
腹持ちよさそう☆って感じです。
初めていただいたけれど、なんか忘れられない味になりそう。。デス。

鹿火屋 上州吉岡村 農家 古民家 囲炉裏
お腹も満足したところで
お店の中を歩いてみる。座って囲炉裏にもあたってみる。
映画の中でしか見た事ないものが目の前にあるんだもん。
囲炉裏の上のお魚とか、ちょっと触ってみたい気がしたけど
熱いかもしれないからやめときました。。

「鹿火屋」というのは、畑などを荒らす猪などの野獣から
畑を守る為に、火を焚いて臭いのあるものをいぶす小屋のことなんだって。
すでに「万葉集」には「鹿火屋」をうたった歌もあったというのですから
大大昔からあったものなんですね。
そんな名を持つこちらの「鹿火屋」さんは、マスコミの方も
多く訪れるようで店内にはロケーションの様子など撮った写真が
何点も飾られていました。

郷愁を誘うおすすめのお店デス。
一人でふらりと行っても浸れるカモ。ちょっと、淋しいカナぁ?
大勢で行くのは、尚楽しいと思います。


鹿火屋(かびや)
群馬県@北群馬郡吉岡町上野田1329-127
営業時間/9:30~17:00、日祭日は18:00まで
おやすみ/月一回 不定休
電 話/0279-54-3920

鹿火屋
コメント
この記事へのコメント
いきなり申し訳ありませんが、トラバさせていただきました。
非常に懐かしい店だったもので。
失礼いたしました。
2007/12/15(土) 23:49 | URL | pri #mQop/nM.[ 編集]
priさま★
コメントありがとうございます。
TB、OKですよ!
よろしくお願いします。
2007/12/16(日) 08:08 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/375-7385fe72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック