ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

新田義貞公 冠掛の松。[太田市]

太田市の「大通寺」です。

正面、仁王門のところにある、
〝新田義貞公舊(旧)跡〟と刻まれた石碑。
こちらのお寺さんにも、新田義貞さんつながりの
史跡があります♪


新田義貞公 冠掛の松。[太田市]

本堂の前に植えられた1本の松。
そう、これが「冠掛の松」でありますっ。


=== 案内板より ===
新田の名木
樹木名  松
所在地  大通寺境内
目通り  2.1メートル
元弘3年(1333)新田義貞が、鎌倉幕府討伐のため生品神社で挙兵し、
鎌倉へ向かう途中、この松に冠をかけて、休息したと伝えます。
当時の松は枯れてしまい、この松は2代目として赤堀から移植されております。

新田義貞の歌碑
「立ち帰り またも来て見ん 冠着の 松よ千歳を 我に契らば」
云々。。。


新田義貞公 冠掛の松。[太田市]

こちらは、同じく境内にあった欅の大木。
横瀬泰繁さん、縁のものでしょうか?


===
新田の名木
樹木名  欅
所在地  大通寺境内
樹 齢  500年以上
目通り  6.4メートル
樹 高  15メートル
大通寺は戦国時代の天文2年(1533)太田金山城主、横瀬泰繁の先室
(大通寺殿蘭室玄芳大姉)の開基です。創建当時の植栽と思われます。
終戦直後までは、西方に安置している金毘羅宮が、
樹木に接して鎮座していました。
昭和41年(1966)9月25日の台風26号は県内各地に猛威を振い、
当樹も折損しましたが、元気を回復して隆々たる勢いで繁茂しています。
云々。。。


新田さんと松の組み合わせ?って、ナニゲに多いんですね。



以前の記事はこちらから。
物見の松と、あかがね街道。[太田市]

【大通寺】
@群馬県太田市新田木崎町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する