ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

江田館。[太田市]

江田館復元図
※江田館を参考にして復元した中世武士の館


=== 案内板より ===
江田館跡
江田館跡は、反町館跡とともに太田市の中世平城の代表的な遺構で
地元で「堀之内」と呼ばれる本丸跡は、東と西の両面に「折」を持ち、
東西約80メートル、南北約100メートルの土塁と堀を巡らしています。


江田館。[太田市]

江田館。[太田市]

虎口(出入口)は南西面と東面にあり、土橋となっています。
外郭には、本丸の西と南を「カギ」型に囲んで「二の丸」があります。
本丸から北東に向かって、「黒沢屋敷」、「毛呂屋敷」、「柿沼屋敷」と呼ばれる
屋敷跡があり、土塁と堀の一部が残っています。


江田館。[太田市]

江田館は、江田行義の館跡と伝えられています。
行義は、新田義重の子・義季(よしすえ)の4世の孫で、新田義貞の鎌倉北条氏
討伐に参加し、極楽寺坂口の大将として軍功をたてました。
西国を転戦後、備後国(広島県)で農業を営み、以後足利氏の目をしのび、
9代にわたり姓を「守下」に改めていましたが、10代目の大膳が、
文禄年間(1593年頃)祖先のこの地に移転してきたと言われています。


江田館。[太田市]

戦国時代には、反町館跡とともに金山城の出城として改修され、
金山城主由良氏の四天王の一人、矢内四郎左衛門の居城となりました。
天正年間には、小田原北条勢が金山城攻略に先立ってこの出城を奪い、
金山城攻撃の拠点としました。
その後、北条氏滅亡(天正18-1590年)とともに廃城となりました。


江田館。[太田市] 江田館。[太田市] 江田館。[太田市]

本丸中央の土塁の中には義貞(ぎてい)様と言われる石宮があります。
江田氏子孫が義貞、行義を合祀し、氏神としたもので、明治6年(1873)
新田氏一族末裔達が太田金山山頂にこれを祀り、社殿を造営して
新田神社としました。
地域住民が、先祖の地として館跡の保存に協力してきたため、
中世豪族の館跡として規模、構造ともに原形をよく残しています。
云々。。。


江田館。[太田市]

江田館。[太田市]

江田行義さんの屋敷跡と伝わる「江田館」。
江田さんのことは知らなかったのですが、
新田義貞さんと共に、足利尊氏さんと戦った新田一族の方。
湊川の戦いの後、北陸に向かう義貞さんとは同行せず、
大舘氏、宇都宮氏と一緒に和議を結んだ後醍醐天皇に随行した、とあります。

遠い昔の南北朝時代を彷彿する史跡。
江田館の跡。良かった~☆



【江田館跡】
@群馬県太田市新田上江田町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する