ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

男女神社 nannyo-jinja」です。

〝今山の合戦〟の案内を拝見してから、
さぁ、神社さんに参ろう★


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市] 男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市] 男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]
(写真はクリックで大きくなります。)

「手水舎」と「狛犬」クン。
お尻を高く上げた、特徴的なポーズです。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

「御神木」。
山の上にある神社さんですから、
とても良い眺めがあります。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

周りに広がるミカン畑。。。


===
男女神社(旧村社)由来記
御祭神 伊奘諾尊(イザナギノミコト)
御祭神 伊奘冉尊(イザナミノミコト)
神社の祭神は男女二神である処から縁結び並商売繁昌農の神で
古来より尊崇されている。元亀元年(1570)今山の陣で兵火の為、
宝物古文書等焼失し、その創建年月は不明であるが、少なくとも今より
650年以前に創建されていたと推定される。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

「拝殿」。

700年の昔健治年間正空上人が光明寺(現在廃寺)を男女神社の南東に建立し、
その子院末寺も建ち並び此の一帯は仏教繁栄の霊地であったといわれ
今も其の地名が残っている。
この頃は神仏習合(混淆・コンコウ)の時代で光明寺の和尚が代々に亘って
男女神社座主として管理し神座を勤めていた。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

覆屋で囲われた「本殿」。

昔は大社にて東の谷に講堂あり西の谷に楼門ありし由是故に、東の講堂、
横馬場と唱へ西を楼門谷と稱し今に堅馬場、横馬場等の地名を有し持って
当時の盛大なりし事を想い起される。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

現在の神社は今山陣の兵火で焼失し後に再建された事は棟銘にもあり
承応3年(1654)今から330年前に佐賀初代藩主鍋島勝茂候、
小城藩祖鍋島元茂候の出資で 再建された事が記されてあり、
ここに立てば佐賀平野を眼下見渡された。

秩父の宮殿下の御立寄りの碑もあり、遠く有明の海をへだてて、
雲仙の山々が 望見され社殿の直前には横穴式石室を有し、
此の周辺には数百の大小円墳があったが、
今はみかん園となり其の面影はない。
現在も大字久留間の氏子により春秋の例祭が行われている。
云々。。。



本殿の横にあった「招霊(おがたま)の木」。
推定樹齢200年。

===
招霊の木
招霊とは神霊を招く意味で、古来は御神木に用いられ、
春に白色香高の花、秋の実は形が神楽鈴の起源と言われる。
特に降臨された御神霊を受けるような枝ぶりが特徴である。
云々。。。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

===
鞘(さや)の神
鞘の神は刀身の鞘が由来で、子授け・子孫繁栄・夫婦円満・安産の神とされる。
また疫病・災厄を防ぐ神とも伝えられる。
云々。。。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

小さな石祠の境内社が並びます。


男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

境内から佐賀平野を望む。

古い云われ、神仏習合時代の歴史。。。
う~ん、深いっ。。。
近くには今山陣の古戦場址もあるようです。
ナニゲに勉強になったなぁ。

また来たい、
また来てみよう、男女神社。。。



以前の記事はこちらから。
男女神社。nannyo-jinja [佐賀県佐賀市]

【男女神社】
@佐賀県佐賀市大和町大字久留間

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する