ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

名護屋城跡。[佐賀県]

=== 案内より ===
特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」
陣跡配置図

特別史跡『名護屋城跡並びに陣跡』は、今から約420年前、豊臣秀吉の朝鮮出兵
(文禄・慶長の役[1592~1598])に伴い築かれた軍事拠点です。
名護屋城の築城は天正19年(1591)の後半に始まったとされ、配下の諸大名に
分担させて普請を行う「割り普請」で築かせることにより、わずか数か月で
ほぼ完成したとされています。


名護屋城跡。[佐賀県]

その名護屋城を中心に半径3km圏内(唐津市鎮西町・呼子町、
東松浦郡玄海町)には、全国から参集した大名達の陣跡が約130ヶ所、
確認されています。
その中で約60ヶ所で石垣、土塁、石塁、堀、曲輪などの遺構が
良好に残っており、発掘調査では、御殿の建物跡や茶室跡・能舞台跡・
庭園跡なども発見されています。


名護屋城跡。[佐賀県]

現在、このうち23ヶ所の陣跡が名護屋城とともに
国の特別史跡として指定されています。また、名護屋城から唐津方面に向かって、
陣跡の間を縫うように当時の軍路であった太閣道も残っており、
名護屋浦に面した谷筋には、城下町の名残をたどることができます。
云々。。。


名護屋城跡。[佐賀県]

ついにやって参りました「名護屋城跡」ですっ!
いやいや、広いですっ。
そしてデカい!
全部の建物が復元されたら、すごいことになるんじゃないかなー、てくらい。

かなりの高さの石垣を見上げながら、
搦手口(城の裏口)より見学開始でありますっ。

ささっ。


名護屋城跡。[佐賀県]

===
搦手口(からめてぐち)
搦手口の概要
前方の斜面は搦手口と呼ばれる、名護屋城にある5つの虎口(こぐち・城の出入口)
のひとつです。


名護屋城跡。[佐賀県]

搦手とは城の裏側という意味で、表側の大手(おおて)に対する言葉です。
城の守りを固めるために通路を屈折させた、典型的な喰違い虎口の形状をしており、
右図の櫓台下側では瓦敷排水溝跡が見つかりました。


名護屋城跡。[佐賀県]

現在は、ここ弾正丸(だんじょうまる)東側とともに、平成3年度と4年度(1991~1992)に、
石垣の緊急修理を実施し、あわせて仮園路を設置しました。
云々。。。


名護屋城跡。[佐賀県]

S字クランクのような搦手口から、弾正丸へ。

良い眺めです♪
お城のすぐそこは、海なんですね~★


名護屋城跡。[佐賀県]

ではでは、二ノ丸の方へ行ってみましょう。


名護屋城跡。[佐賀県]

===
二ノ丸長屋建物跡
二ノ丸の発掘調査では、名護屋城の時代のものと思われる掘立柱建物跡が
発見されています。建物の構造は、地面に穴を掘って柱を建てたもので、
調査では柱を据えるために大きく掘られた穴(堀形)と、その内部では柱そのものの
痕跡も見つかっています。
~中略~
これらの建物は、その配置状況から同じ時期に存在していた一連の建物群と
考えられますが、掘立柱の簡素な建物であることから、
名護屋城在続時期の建物というより、築城時の仮設的な建物であった可能性が
指摘されています。
云々。。。

===
絵図に描かれた二ノ丸
二ノ丸の発掘調査では、そのほぼ全域が後の時代に削られてしまっていたことから、
これらの掘立柱建物以外にはあまり遺構が発見されていません。
しかし、肥前名護屋城図屏風の中では、二ノ丸に桧皮(ひわだ)葺き、あるいは
杮(こけら)葺きで入母屋造りの屋根を持つ複数の御殿風の建物や、
瓦葺きの門や塀が描かれているほか、西側の石塁上には多門櫓が
建てられていた様子がみられますので、他にも遺構が残存している可能性が
あります。
云々。。。


名護屋城跡。[佐賀県]

===
二ノ丸合坂
崩壊の危険性が高かった二ノ丸西側で調査を行い、解体修理の基礎資料としました。
発掘調査の結果、延長110mの西側石垣において、「合坂(あいさか)」と呼ばれる
相対する石段を3箇所で確認しました。これらの合坂は、遊撃丸と同様に
城の西側の防御を重視した配置で、兵の移動を容易にしていたことが窺えます。
また、崩壊した石段の様子から、合坂は人為的にかつ徹底的に破却されている
ことがわかります。
云々。。。


名護屋城跡。[佐賀県]

===
遊撃丸
遊撃丸の概要
文禄2年(1593)に明国の講和使節(遊撃将軍)が滞在し、もてなしを受けた曲輪と
いわれています。平成元年度と2年度(1989~1990)の石垣修理に伴う発掘調査で、
門礎石・石段・玉砂利敷が新たに発見されました。
特に船手門や天守台北側からは金箔瓦が出土しています。


名護屋城跡。[佐賀県]

遊撃丸や天守台の石垣は、自然石を半分に割り、割った面を表面に見せる
“打込みはぎ”の石積が顕著です。石垣崩壊防止のため、危険個所では
解体修理や新しい石の補充や植栽を行い、当時の石垣の様子が推定されるような
整備をしています。
云々。。。


さすが国の特別史跡「名護屋城」、
見所満載ですっ!
だから、
つづく。。。



以前の記事はこちらから。
佐賀県立 名護屋城博物館。[佐賀県]
以前のお城はこちらから。
吉水城碑。[佐野市]

【名護屋城跡】
@佐賀県唐津市鎮西町名護屋

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する